銀座三越のカフェ「ボンボヌール」に夏にぴったりのひんやりスイーツや新作ケーキが登場

2020.06.30

銀座三越4階で華やかなデセールフレンチをアレンジしたランチを楽しめるフレンチ&デセールカフェ「BON BONHEUR(ボンボヌール)」で、夏にぴったりのひんやりスイーツ新作ケーキ5種がスタートします。


暑い日におすすめのひんやりスイーツが登場


赤い果物をふんだんに使用したボンボヌール流かき氷。マスカルポーネクリームと味の濃いヨーロッパ産苺で作った自家製ソースを組み合わせました。6種のベリーが香るコンフィチュール、蜂蜜カルピスソースが味に変化と奥行きを加えます。
グラスピレー フリュイルージュ
1,500円(+税)


みずみずしい国産メロンをふんだんに使用したメロンパフェ。中にはメロンの果とマスカルポーネクリームをあしらい、サクサクとしたフィアンティーヌ生地が感にアクセントを添えます。バニラアイスとエルダーフラワーのジュレで仕上げた季節感あふれる一品です。
パルフェムロン
1,800円(+税)


ボンボヌールのケーキラインアップがリニューアル!

幅広い世代に愛される王道のショートケーキや、みずみずしいマンゴーをあしらったタルトや、かわいらしいココット風に仕上げたバスクチーズケーキなどこだわりのケーキをご用意いたしました。


苺のショートケーキ

王道のショートケーキをボンボヌール流にアレンジしました。スポンジ生地からこだわり、愛媛県の参養鶏場の平飼い卵を使用してふんわりとした食感と香り高い生地を実現しました。なめらかなスポンジ生地と何層にも重ねた濃厚な北海道産生クリームと苺の酸味のハーモニーが絶妙な味わいです。お子様から大人まで幅広い世代のお客様にお楽しみいただけるケーキを目指しました。


モンブラン

たっぷり盛りつけられたマロンクリームが印象的なモンブラン。バター香るさくっとした食感のタルト生地にフランス産のマロンクリームをたっぷり絞りました。マロンクリームの中には、アーモンドクリームとマロンムースが隠れています。ケーキの上にはマロングラッセをトッピング。の味わいをたっぷりお楽しみいただけるケーキです。


タルトマンゴー

季節感たっぷりの南国フルーツマンゴーをたっぷりトッピングしたタルト。エキゾチックムースとレモンクリームをタルト生地に乗せ、フレッシュのマンゴーとココナッツ風味のホワイトチョコレートをトッピングしました。果実の甘さと酸味のバランスの良い味わいのタルトに仕上げています。


フォンダンショコラ

とろっとしたチョコが中から溶け出す自家製のフォンダンショコラ。ビターチョコレートを使用したなめらかな生地の中にミルクチョコのガナッシュを入れて焼き上げました。温かい状態でお客様にご提供いたしますので、中から溶け出すチョコレートの味わいをお楽しみいただけます。季節のフルーツを使用した自家製コンフィチュールと一緒にお召し上がりください。冷たいアイスクリームとも相性抜群です。


バスクチーズケーキ

ココット風に仕上げたバスクチーズケーキ。南フランスバスク地方のチーズケーキをボンボヌール流にアレンジ。クリームチーズをベースとした生地にバニラで風味をつけて、オーブンで焼き上げ表面は香ばしく仕上げました。トッピングにメープルシロップまたは自家製コンフィチュールのどちらかをお選びいただけます。

すべてのケーキに+200円でアイスクリームをお付けできます。ケーキとドリンクを一緒にご注文いただけるセットメニューもご用意しています。

ケーキ
各800円 (+税)

ケーキセット(ケーキ+ドリンク)
1,400円 (+税)

シャンパンセット
2,100円 (+税)


BON BONHEUR / ボンボヌール


格的なフレンチをカジュアルにアレンジしたランチメニューや美しいアシェットデセールまで、ボンボヌールは贅沢なラインアップで皆さまをお待ちしています。

店舗情報
銀座三越4階「BON BONHEUR (ボンボヌール)」
〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16

★HP★
http://www.bonbonheur.jp/

Instagram
https://www.instagram.com/bonbonheur_ginza/

★Facebook★
https://www.facebook.com/Bon-Bonheur-311841126082105/

★Twitter★
https://twitter.com/BONBONHEUR2



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ