エミリオ・プッチから東京、ミラノ、ロンドンの3都市を描いたスカーフコレクション新発売

2015.06.10

昨年デビューしたエミリオ・プッチEMILIO PUCCI)のスカーフコレクション「Cities of the World」の第2弾として、ミラノロンドン東京と3都市を描いた新しいデザインが登場。発売日は6月15日。

「Cities of the World」のシルクスカーフには、現代版のポストさながらに各国の都市への想いを込めたイラストレーションが施されている。このプッチオリジナルののデザインは、まるで身に着けられるアートワークのよう。2014年に発表した第1弾はフィレンツェローマニューヨークパリ上海香港とエミリオ・プッチのフラッグシップストアのある都市から選ばれた。

“ミラノ”のデザインでは、この都市の象徴的な2大有名建築物を表現。ひとつはドゥオーモの大聖堂のファサード、もうひとつはヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアにある壮大なガラスドーム。このプリントの背景とフレームには、ガッレリアの床を装飾しているモザイクのマーブル模様を想起させるモチーフがデザインされている。カラーは、ブラック&ホワイトを背景に活発かつ洗練されたカラートーンのために鮮やかなグリーンとオリーブを加えた1色展開。

“ロンドン”は、街の鮮やかな雰囲気を表現するため、シティ・オブ・ロンドンの伝統的なアイコンをポップなパッチワークで描いた。典型的なランドマークであるロンドン・アイや30セント・メリー・アクスの超高層ビルガーキンを背景に、ブラックキャブが赤い電話ボックスやイングリッシュパブを走り過ぎている様子がデザインされている。また王冠のスケッチがプリントのフレームとして描かれた。カラーは、スカイブルーとモスグリーン、グラスグリーンとヴィヴィッドなオレンジの組み合わせ。

“東京”は、日本の文化を象徴する優雅な自然とテクノロジーを併せ持つ日本と東京を具体的に表現するモチーフを多く使用。富士山を背景に描き、空を飛ぶ折り紙の蝶と鳥がまるで伝統的な日本庭園のようにデザインされている。その一方で、縦横に走るリボンが大都市をつなぐ電気ケーブルが共存。カラーは、リッチパープルとピンクをメインに、そこにラピスブルーとマンダリンオレンジがアクセントになっている。

この「Cities of the World」のコレクションは全て最高級シルクを使用し、イタリアのコモ地方でプリントされている。価格は各4万5,000円。世界中のエミリオ・プッチ ブティック、またはエミリオ・プッチのオンラインフラグシップショップ(EMILIOPUCCI.COM)で手に入る。パッケージは特別にデザインされたギフトボックス入り。
編集部
  • エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)のスカーフコレクション「Cities of the World」から新作、ミラノ・ロンドン・東京 各4万5,000円
  • エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)のスカーフコレクション「Cities of the World」ロンドン 4万5,000円
  • エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)のスカーフコレクション「Cities of the World」東京 4万5,000円
  • エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)のスカーフコレクション「Cities of the World」ミラノ 4万5,000円
ページトップへ