最先端アートの祭典「TodaysArt」開催! 9月に天王洲アイルをジャック

2015.06.22

オランダのデン・ハーグ市で行われている、最先端アートの祭典「TodaysArt(トゥデイズアート)」が、昨年に続き今年も「TodaysArt.JP TOKYO 2015(トゥデイズアート ドット ジェーピー トーキョー 2015)」と題して、9月5日から13日まで東京・天王州アイルで開催される。

今年で11年目を迎える「TodaysArt」は、世界で活躍する著名なアーティストたちが集う世界有数のアートフェスティバル。街の至る所でプログラムや展示が行われることが特徴で、その作品領域はヴィジュアル・アートや、パフォーミング・アートから、デザイン建築、先端技術、体験型インタラクティブ・アートまで様々。ローカルから世界的アーティストまで垣根を超えた多様なアーティストが参加する。

昨年、東京で日本展開のパイロット版として試験的に開催された「TodaysArt.JP edition Zero」では、3日間で8,000人が来場し、国内外のメディアで取り上げられ注目を集めた。

格開催第1回目となる今年の舞台は、昨年同様に東京のユニークな水辺環境に位置する天王洲アイル。「寺田倉庫」の関連施設など大規模な倉庫空間や運河沿いの新開発スペースなど、天王洲アイルの多彩な空間をアレンジし、国内外の先進的アーティストによるインスタレーションや日本未発表作品を含む体験型アート作品の展示、多彩なゲストによるトーク、シンポジウムなども実施され、週末にはライブパフォーマンスも行われる予定だ。
HEW
  • アートフェスティバル「トゥデイズアート ドット ジェーピー トーキョー 2015」が東京・天王州アイルで開催
ページトップへ