ライフスタイルにおける日々の「走り」をサポート。コール ハーンから本格ランニングシューズデビュー

2020.06.09
コール ハーンランニングシューズをローンチいたしました。仕事、プライベート、、ライフスタイルにおける日々の“走り”をサポートします。



アメリカのアイコニックのライフスタイルブランドのコール ハーンは、本格ランニングシューズをローンチいたします。このランニングシューズは、メンズウィメンズ共通の2つのスタイル、ZERØGRAND Outpace Runner (ゼログランド アウトペース ランナー)とZERØGRAND Overtake Runner (ゼログランド オーバー テイク ランナー)で、長距離のランニングやワーキングタイムなどのライフスタイルにおける日々の“走り”、をサポートします。

ZERØGRAND Outpace RunnerとZERØGRAND Overtake Runnerはシューズ製作の既成概念を超え、コール ハーンの360度デザイン・エンジニアシステムの観点からアスリートが求める軽量、衝撃吸収、暗い環境下でも走れるリフレクターなどのパフォーマンス、そしてコール ハーンの代名詞でもある熟練された職人の技術を取り入れています。

「世界は前進するための新たな方法を模索しています。コール ハーンのお客様は毎日を多岐にわたって活動され、私達はプロダクトを通して皆さまの活動にサポートできるよう努めております。今日ではこれまで以上に、仕事用・トレーニング用、またはその両方を担う多様性に富んだプロダクトを求められています。この新しいZEROGRAND Performance Running コレクションはあらゆるシーンを想定し、それらのパフォーマンスが高められるプロダクト制作をいたしました。」コール ハーンの社長であるデイビット・マドックスは述べています。

ゼログランドアウトペースランナー

The ZERØGRAND Outpace Running shoesは日常生活から楽しくランニングをする方に向け、軽量な快適性を提供します。スタイリッシュなトランスペアレント素材をアッパーに使用し、ホットメルトでアイレット部分を圧着しているため軽量化を実現。弾力性に優れたミッドソールクッションとの融合により軽快に走ることができます。また、厚い衝撃吸収フォームでぴったりと足を支え、履いた瞬間から快適に。グリップ力が必要な個所にラバーをソールに配置することで安全に走る事ができ、目標のさらに先へ進むことを可能にします。

一方、ZERØGRAND OVERTAKE Running shoesは、目的に向かってパワー全開に毎日を走り抜けている方へおすすめいたします。アッパーにはコール ハーン独自で開発した収縮性と通気性に優れたステッチライト使用しているため足に心地よくフィットします。反発力に優れたアウトソールが無理なく前に進む力をサポートし、フルレングスラバーで覆ったソールはグリップ力と耐久性を強めています。

ゼログランドオーバーテイクランナー


メンズ・ウィメンズの ZERØGRAND Outpace Runner  2万1,000円(税抜き)/ ZERØGRAND Overtake Runner  2万4,000円(税抜き)は、公式オンラインストア銀座本店、6月1日にオープンしたGRANDSHØP表参道ヒルズ店、その他コール ハーン店舗でお取り扱いたします。

ゼログランドパフォーマンスランニング

コール ハーンについて
コール ハーンは1928年の誕生からほぼ1世紀に渡りフットウエア業界を象徴するブランドとして成長し、タイムレスなスタイルに革新的な技術を取り入れた先駆者としても名を馳せてきました。今日ではライフスタイルブランドとして「良いものを創りだす」というスピリットの技術革新を構築し前進しています。そして類いまれなるお客様が目で見て、体感して、喜んでいただけるプロダクトを考え続けていきます。本社はニューヨークとグリーンランドのニューハンプシャーに設け、コール ハーン ジャパンは20年以上日本ビジネスを展開しています。

公式オンラインストア  https://www.colehaan.co.jp
Instagram  https://www.instagram.com/colehaanjapan
Facebook  https://www.facebook.com/ColeHaan.jp
Twitter  https://twitter.com/colehaanjapan



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ