ヒマラヤ8,000m峰などの極地を撮影!写真家の石川直樹による初の大規模個展が開催

2017.01.12

世界をフィールドに活躍する写真家石川直樹による初の大規模個展石川直樹「この星の光の地図を写す」が、17年2月26日まで茨城県の水戸芸術館現代美術ギャラリーにて開催されている。

石川直樹は、日本写真協会新人賞や、講談社出版文化賞などの受賞歴を持つ写真家。22歳で北極点から南極点までを人力で蹴破し、23歳では七大陸最高峰の登頂も達成しており、各地をしながら人類学や民俗学などの観点を取り入れた独自のスタイルによる写真作品を発表している。

同展では、北極、南極、ヒマラヤ8,000m峰などの極地を撮影した各シリーズを中心に、初期作から最新作までの作品を総合的に紹介。ニュージーランドの原生林を撮影した「THE VOID」や、ポリネシア地域に浮かぶ島々を写した「CORONA」、世界各地の洞窟壁画を巡った「NEW DIMENSION」、日列島の南北に広がる島々を探索した「ARCHIPELAGO」などの作品が展示される。

その他、石川が遠征で使用した装備や、旅先で収集した道具や品物なども展示。初の海外一人旅で訪ねたインドを撮った高校生時代の写真や、熱気球による太平洋横断の挑戦の映像までが展開され、石川の全貌に迫ることのできる機会となっている。さらに、空間構成の一部は、16年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で特別表彰を受賞した日本館出品建築家の一組であるドット・アーキテクツ(dot architects)が担当している。

また、17年2月12日には水戸芸術館ACM劇場にて、石川とサウンドデザイナーの森永泰弘が世界各地でそれぞれ撮影・録音した写真と音源を使った初のビジュアル&ディスクジョッキーイベントも行われる予定だ。

【イベント情報】
石川直樹「この星の光の地図を写す」
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
会期:12月17日~17年2月26日
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
料金:一般800円、団体600円、中学生以下・65歳以上・障害者手帳保持者は無料
休館日:月曜日
HEW
  • シリーズ「K2」(2015)より
  • シリーズ「THE VOID」(2005)より
  • シリーズ「CORONA」(2010)より
  • シリーズ「NEW DIMENSION」(2007)より
  • シリーズ「ARCHIPELAGO」(2009)より
  • シリーズ「DENALI」(2015)より
  • シリーズ「POLAR」(2007)より
  • シリーズ「ANTARCTICA」(2011)より
  • シリーズ「K2」(2015)より
ページトップへ