フェラガモに新たなアイコンシューズ 「VIVA」が仲間入り

2020.02.17
サルヴァトーレ フェラガモSalvatore Ferragamo)が、新作シューズ 「VIVA」を2月17日より発売する。


クリエイティブ ディレクターのポール・アンドリューによってデザインされた新作シューズ 「VIVA」は、1979年にフィアンマ・フェ ラガモによって誕生した、クラシックな装いの「VARA」シューズを再解釈。メゾンのアイコンであるヴァラ・リボンを、大胆かつモダンにアップデートしている。

「VIVA」(8万3,000円)
リボンは、レザーやデニム、リネンキャンバスといった、シューズ体と同素材のものを使用し、グログランのオリジナルリボンよりも大きめのサイズを採用。ヒール部分の彫刻的なブロックのフォルムは、ポール・アンドリューの好きなアーティスト、リチャード・セラからインスピレーションを受けているという。

今回の発売では、アッパー部分がクラシックなタイプとラッフルタイプ 、ヒール高はミドル(5.5cm)またはロー(2cm)をラインアップする。今後は、プリントタイプなど、幅広いバリエーションが展開される予定となっている。
編集部
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
  • 「VIVA」(8万3,000円)
ページトップへ