新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

ルイ・ヴィトン2020春夏よりモノグラム・フラワーのローファーなど新作シューズが登場

開催日:2020.02.07
2020.02.05
ルイ・ヴィトンLOUIS VUITTON)の2020年春夏新作シューズが2月7日に発売される。


エッフェル塔が建築され、万国博覧会の時代が到来した刺激と激動に満ちた時代“ベル・エポック”をインスピレーションの出発点としたニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)による2020年春夏コレクション。ショーでは、大きなバックルがあしらわれたローファーやモカシン、ロングブーツなどクラシカルな形をベースに、ニコラ・ジェスキエールらしい色の組み合わせや革新的なヒールのデザインなどをフュージョンさせたシューズが目を惹きつけた。

日本では、ルイ・ヴィトンのアイコニックなモノグラム・フラワーをモチーフにしたヒールのローファー「SWIFT」や、プラットフォームのサンダル「PODIUM」など全5タイプのシューズが展開される。

「SWIFT LOAFER」(12万7,000円※予定価格)


「SWIFT LOAFER」(11万8,000円※予定価格)

「ACADEMY LOAFER」(12万7,000円※予定価格)

Copyrights for the fashion story
Photographer : Julia Mayorova
編集部
  • 「SWIFT LOAFER」(11万8,000円※予定価格)
  • 「PODIUM SANDAL」(12万7,000円※予定価格)
  • 「ACADEMY LOAFER」(12万7,000円※予定価格)
  • 「SWIFT LOAFER」(12万7,000円※予定価格)
  • 「LV ARCHLIGHT SNEAKER」(11万8,000円※予定価格)
ページトップへ