新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

伊勢丹メンズでデザイナー・松井信之とガラス作家・髙臣大介による二人展

開催日:2020.02.05-02.18
2020.02.04
伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内のギャラリースペース「ART UP/アートアップ」にて、気鋭の注目ブランド、ノブユキマツイ(Nobuyuki Matsui)のデザイナー・松井信之とガラス作家・髙臣大介による展示「『What inspiration comes from』Nobuyuki Matsui × Daisuke Takatomi」が、2月5日より開催される。

2019年10月、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」にて開催されたノブユキマツイのショー会場で記憶に残るのは、天井から吊るされたガラスのオブジェがぶつかり合う音色。そのインスピレーション源となったのは、髙臣大介のインスタレーション「野傍ノ泉地」だった。

2個セットのグラスチャイム
(大/税込6万6,000円、中/4万9,500円、小/税込3万3,000円)
※手元に届くのは会期終了後、約3週間ほどを予定

髙臣大介は、北海道洞爺湖月浦に工房とお店「glass cafe gla_gla」を構え、現在そこを拠点に活動するガラス作家。北海道立近代美術館や国営滝野すずらん丘陵公園でのインスタレーションをはじめ、映画ホテルCMなどへの作品提供を行いながら、2017年にはフランスアメリカ日本でのツアーも開催し活動の場を広げている。

今回の松井信之と髙臣大介による展示は、ノブユキマツイの2020年春夏シーズンテーマである“水鏡”と連動し、廃棄処理予定であった衣服を「八刺し」で繋ぎ、手染めした藍色のカーペットと、天井から吊るされる無数のグラスチャイムにより「RFWT」で行われたインスタレーションを再現する。またスペースでは、八刺しを襟元や裾に施した伊勢丹メンズ限定Tシャツの展示・販売も行う。

Tシャツ(各税込2万3,100円)

【イベント情報】
「What inspiration comes from」Nobuyuki Matsui × Daisuke Takatomi
会期:2月5日~18日
場所:伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ/アートアップ
時間:10:00〜20:00
編集部
  • 2個セットのグラスチャイム (大/税込6万6,000円、中/4万9,500円、小/税込3万3,000円)
  • Tシャツ(各税込2万3,100円)
  • 松井信之
  • 髙臣大介
ページトップへ