新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

ソール・ライターとポール・オースターによる幻の一冊『スイングしなけりゃ意味がない』【ShelfオススメBOOK】

2019.12.28
各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿外苑前のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京渋谷神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介。



■『It Don’t Mean a Thing (2019 Reprint Edition)』Saul Leiter / Paul Auster

1950年代に撮ったニューヨークのストリートフォトが半世紀後に出版されるや否やセンセーションを呼び起こし、伝説の写真家として地位を不動のものにしたソール・ライター(Saul Leiter)の58点の作品と、ポール・オースター(Paul Auster)が人生の中の不思議な偶然を綴った『It Don’t Mean a Thing(スイングしなけりゃ意味がない)』を収めたファンにはたまらないコレクタブルな1冊。

初版500部(2017年)が即完売となったタイトルの装丁をシンプルにして再版。






【書籍情報】
『It Don’t Mean a Thing (2019 Reprint Edition)』
写真:Saul Leiter / Paul Auster
出版社:The Gould Collection
言語:日本語、英語
ソフトカバー/100ページ/250×180mm
発刊:2019年
価格:4,800円
Shelfオフィシャルサイトで『It Don’t Mean a Thing (2019 Reprint Edition)』を購入する
Shelf
ページトップへ