アニマルプリントはレオパード柄に軍配! ドレッシーからカジュアルまで取り入れ方は千差万別【パリスナップ】

2019.10.10
2019-20年秋冬コレクションのランウェイには、ゼブラ、パイソン、ダルメシアンなど動物園張りにアニマルプリントが豊富に登場した。9月23日から10月1日まで開催された2020年春夏パリファッションウィークのオフランウェイで業界人の着用率が高かったのは、レオパード柄! ドレッシーにカジュアルにと、様々なスタイルを披露したおしゃれ上級者のスタイリング術を参考に。

1.
ナターシャ・ゴールデンバーグ(エディター兼スタイリスト)


ロシア出身のエディタースタイリストのナターシャ・ゴールデンバーグ(Natacha Goldenberg)はレオパード柄のアウタードレス風に着用。襟を落とし、袖をまくり、あえての無造作なヘアスタイルがエフォートレスな印象。最旬“it”バッグの「ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETEA)」のパデッド・カセットで細部まで抜かりなし!

2.
emma(モデル)



パリコレ常連になりつつある、モデルのエマ(emma)を「サカイsacai)」のショー会場外でキャッチ! トレンドのレオパード柄は足元にさり気なく取り入れた。同ブランドの変形型トレンチコート、ロング丈のブーツカットレザーパンツ、秋らしいボルドーカラーのリップでカッコイイ雰囲気に。笑顔がキュートでお茶目な彼女の新たな魅力が引き出されている!

3.
ヴィットリア・チェレッティ(モデル)


キャリア4年にして超売れっ子モデルに駆け上がった、弱冠20歳のヴィットリア・チェレッティ(Vittoria Ceretti)。「シャネルCHANEL)」「ヴァレンティノVALENTINO)」などのランウェイを歩いた彼女のオフの姿は、スポーティエレガント。デニム生地にレオパード柄がプリントされたアウターにワークパンツとスニーカー、「シャネル」のチェーンバッグでスタイリッシュに。

4.
キャロライン・ダウアー(インフルエンサー)


インスタグラムのフォロワー200万人のインフルエンサー、キャロライン・ダウアー(Caroline Daur)は大胆なスリットが入ったレオパード柄ドレスでお色気たっぷり。全身「パコ ラバンヌ(Paco Rabanne)」で、挑発的なカッコイイ女性を印象付ける。ドレスの外しにウェスタンブーツを合わせるのは今季らしいスタイリング!


【プロフィール】
ELIE INOUE
パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける。主な寄稿媒体はFASHION HEADLINE、WWD Japan、ELLE Japan等。
ELIE INOUE
ページトップへ