とらや、雛菓子の絵図を用いた2020年オリジナルカレンダーが数量限定で登場

2019.10.03
とらやから、雛菓子の見帳をモチーフにした「とらやカレンダー2020」が、とらや直営店と一部百貨店等にて10月1日より発売中。

「とらやカレンダー2020」(税込1,100円)
「とらやカレンダー」は、手彩色の菓子の絵図を生かすために、無駄なデザインは加えずにつくるオリジナルカレンダー。2020年のカレンダーのモチーフに選んだのは、雛菓子の見本帳。菓子のデザイン帳のことで、今日の商品カタログにあたる。題名・年代の記載はないが、虎屋14代店主・黒川光景の朱印があり、明治後期~昭和戦前期に作成されたものと思われる。

雛祭りは女子の健やかな成長を願う行事。菓子には良縁の願いが込められ、3月の菓子折の饅頭は、夫婦円満の象徴である蛤を、12月の台に載った菓子は、結納などに縁起物として用意された鰹節を模している。いずれも雛段に飾るため小さく作られており、落雁や飴を用いた細工の細やかなものが目を引く。

雛菓子見本帳
とらやには元禄8年(1695年)につくられた「菓子見本帳」もあり、菓子の意匠を現在に伝える貴重な史料となっている。祝いの心に満ちた菓子の数々は、カレンダーをめくる私たちの生活にも、華やぎを添えてくれるだろう。容を含め、細部まで丁寧に描かれた絵図が楽しめる。

やわらかな色味が見本帳の絵図を引き立てる、このためにつくられたオリジナルの「和花紙(わかし)」を使用。この他、日付に使用されるフォントから、印刷のインキなど、細部にまでこだわっている。「とらやカレンダー2020」は数量限定、無くなり次第終了となる。
編集部
  • 「とらやカレンダー2020」(税込1,100円)
  • 雛菓子見本帳
ページトップへ