京都・嵐山発のベーカリー「梅鶯堂」が手掛ける和モダンなパン【今週のパン:Vol.12】

開催日:2019.10.02-10.08
2019.10.02
FASHION HEADLINE編集部が今気になるパンを紹介する【今週のパン】。第12回目は「梅鶯堂(ウグイスドウ)」をピックアップ! 


梅鶯堂

無添加・天然酵母にこだわった「和風のぱん」を展開する京都・嵐山のベーカリー、梅鶯堂(ウグイスドウ)。オーナーがヨーロッパで学んだ「パンそのものを味わうという文化」を大切にしながら、自国である日本の素材と掛け合わせたモダンなレシピのパンやスイーツを手掛けている。現在は、10月8日までの期間、伊勢丹新宿店にてポップアップを開催中! 




伏見吟醸酒粕ぱん 丹波黒豆
______________________

伏見吟醸酒粕ぱん 丹波黒豆(292円)


まずは、メディアにも取り上げられることも多い、梅鶯堂の定番人気商品「伏見吟醸酒粕ぱん 丹波黒豆」をご紹介。こちらは、日本酒が香る、しっとりとしたほのかな甘みのある生地に、ふっくらとした黒豆がたっぷり入った、まるで、おまんじゅうのようなパン。黒豆がしっかりと味わえるので黒豆スイーツ好きは必見!


ほうじ茶れーずん
______________________

ほうじ茶れーずん(864円)



レーズンパンコンクールで日一に輝いた「ほうじ茶れーずん」も見逃せない。和の素材“ほうじ茶”を練りこんだ生地に、たっぷり入った甘くて、しっかりと果感のあるレーズン。レーズンの粒が大きいため、一粒一粒をしっかりと味わえる、さすがグランプリ! の美味しさ。歯ごたえのあるクルミ、柚子ピールのフレッシュな香りとほのかな苦味のアクセントが効いており、べ進めていくうちにどんどん味の奥行きを感じられる。


炙り塩鯖
______________________

炙り塩鯖(389円)


パンに塩鯖!? と驚いているのもつかの間、一度食べたらハマる……これぞ和風サンドイッチ! きめ細やかでしっとりとした塩鯖は最高に美味しく、これだけでも食べたいくらい。塩鯖、青じそ、そしてパン。和食と洋食の夢のコラボ。ありそうでなかった和のおかずパン、食べる前は、どんな味なんだろう? 塩鯖といえばごはんじゃない? なんて既成概念を大きく打ち破ってくれた新しい味。冬は熱燗とも楽しみたい。ぜひサンドイッチの新体験を。

※商品の価格表記は2019年10月現在の税込価格。今回より価格改定した商品も有り。


【店舗情報】
梅鶯堂(ウグイスドウ)
住所:京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町14-1
電話:075-203-2837
時間:10:00〜16:00
URL:https://uguisudo.jp ※休店日や営業時間についてはWEBサイトを要確認

【イベント情報】
会期:10月2日〜10月8日
会場:伊勢丹新宿店本館地下1階=デリ エ ブーランジュリー(パン・洋惣菜)/トレンドベーカリー
時間:10:00〜20:00


編集部
  • 伏見吟醸酒粕ぱん 丹波黒豆(税込292円)
  • 伏見吟醸酒粕ぱん 丹波黒豆(税込292円)
  • ほうじ茶れーずん(税込864円)
  • ほうじ茶れーずん(税込864円)
  • 炙り塩鯖(税込389円)
  • 炙り塩鯖(税込389円)
ページトップへ