トーガを筆頭に中堅デザイナーが健闘。独自に進化するロンドンの今【2020春夏ロンドンウィメンズ総括:前編】

2019.09.27
9月13日から17日に開催された、2020年春夏シーズンのロンドンファッション・ウィークに参加してきました。どんよりした悪天候の多いロンドンですが、会期中はインディアンサマーに見舞われ、日中30度近く気温が上がる日もあったほど晴天に恵まれた5日間。そんな天候が後押ししてか、今季のファッション・ウィークも大盛況。特にロンドンは若手デザイナーの発掘の場として、新しい気鋭なクリエーションに出会える地。さらにここ数シーズンは、中堅デザイナーもたくましい成長を見せており、独自に進化しています。そんな今季のロンドン・ファッション・ウィークで注目したブランドを【前編・後編】で総括していきます!

トーガ2020年春夏コレクション
ロンドンで気になるブランドいえば、やはり古田泰子デザイナー率いるトーガTOGA)ではないでしょうか。ロンドンに発表の場を移してから今回が12シーズン目となり、着実に安定した成長を続けています。時代の空気を読み解き、現代女性が潜在的に欲している物を絶妙なタイミングで提供してくれる、女性デザイナーならではのブランドです。今季はメキシコシティーを拠点に活動するベルギー出身のアーティスト、フランシス・アリス(Francis Alys)の作品から着想を得たコレクションを披露しました。彼の数ある作品の中で特に、メキシコシティー内を巨大な氷の塊を完全に溶け切るまで押し続けた様子を撮影した映像作品「実践のパラドックス1(ときには何にもならないこともする)」に感化されたそう。コレクションノートには、「生産過程において“不必要”なことにもっと多くの時間を費やし、そこから何が生まれるのかを見たかった」という古田デザイナーの言葉が記されています。ビニール素材の花のコサージュを合わせたテーラードジャケット、大きなスリットから花柄の裏地が見えるスラックス、PVC素材のエレメントが加えられたビーチサンダルなど、質的には不必要なものから美しさを見出す試みです。ヘアメイクは個性を生かすかのように極めてナチュラルで、肩の力を抜きつつも、内側から滲み出るエレガンスや力強さを感じられるコレクションでした。「結局のところ、ファッションを作ること自体が不必要。でも、それこそが大切な道楽」と締めくくった古田デザイナーの言葉はとても意義深く、考えさせられました。



トーガ2020年春夏コレクション

トーガ2020年春夏コレクション全ルック


ロンドン・ファッション・ウィークの目玉であり、著しく成長する中堅、ジェイ ダブリュー アンダーソンJW ANDERSON)も、程よくリラックスムードが漂う素晴らしいコレクションを発表しました。毎シーズン注目されるのはコレクション内容だけでなく、アートに造詣の深いクリエイティブ・ディレクター、ジョナサン・アンダーソンJonathan Anderson)が誰のどんな作品からインスレピレーションを受けるのかという点です。今季はカナダ人ヴィジュアルアーティストのリズ・マゴー(Liz Magor)という女性。「彼女が作品を通して伝えようとする“見る”という行為に惹かれた。不要になった物に焦点を当て、新たな居場所を与えるというアイデアだ。雑音を打ち消しシルエットにフォーカスした」とショー後のバックステージでアンダーソンは語りました。ショー会場内には、透明のバックスに古びた人形、古着おもちゃなどの不用品が無造作に入った彼女のオブジェが飾られており、その間をモデルが闊歩するような演出です。ドレープの効いたアシンメトリーなドレススリーブが誇張されたトレンチコート、ウエストラインから妙に膨らむテーラードジャケットなど、芸術的とも言える程変幻自在なシルエットが印象的です。さらに、今季は煌びやかなジュエリーの装飾が目立ちました。エスパドリーユのレースでボトムスの裾をロールアップするスタイリングは、手持ちのシューズで今すぐにでもトライしてみたい!


クリストファー ケイン2020年春夏コレクション
中堅ブランド、クリストファー ケインCHRISTOPHER KANE)はラグジュアリーグループ「ケリングKering)」を離れてから初となるコレクションを披露。アイキャッチーではあっても売り上げに直結せず、ここ数シーズンは厳しい評価を受けていたところで独立の発表。業界人から懸念の声が多かったものの、気持ちが吹っ切れたのか本来のケインらしいサイケデリックなクリエーションを見せてくれました。コレクションの大テーマは、自然! 野草が華やぐ野原のプリントから秋めくペイズリー柄、鮮やかなブルーの空へ到達したかと思えば、地球を飛び出し宇宙へ。細胞構造の図解のような変容な柄のPVCのブーツバッグ、ドレスの胸元のディテールが目を引きました。環境問題から触発され、自然をテーマにするブランドは最近多く見られますが、これほどまでにフューチャリスティックで楽しみに満ちたコレクションは初めてで、ケインの才能が際立っていたように思います。フィナーレでは、MORE JOYの文字プリントTシャツを着用したケインが挨拶しました。“人生は楽しんだ者勝ち! ”と言わんばかりの空気感とコレクションはエネルギッシュ。新たな方向へと舵を切った「クリストファー ケイン」の今後が楽しみです!


クリストファー ケイン2020年春夏コレクション
クリストファー ケイン2020年春夏コレクション全ルック


後編:シモーネ ロシャの成功例に続くロンドン若手デザイナーは?

ELIE INOUE
  • トーガ2020年春夏コレクション
  • トーガ2020年春夏コレクション
  • トーガ2020年春夏コレクション
  • トーガ2020年春夏コレクション
  • トーガ2020年春夏コレクション
  • トーガ2020年春夏コレクション
  • クリストファー ケイントーガ2020年春夏コレクション
  • クリストファー ケイントーガ2020年春夏コレクション
  • クリストファー ケイントーガ2020年春夏コレクション
  • クリストファー ケイントーガ2020年春夏コレクション
  • クリストファー ケイントーガ2020年春夏コレクション
  • クリストファー ケイントーガ2020年春夏コレクション
ページトップへ