ダムタイプの結成35周年にあわせ大規模な個展が東京都現代美術館にて開催

開催日:2019.11.16-2020.02.16
2019.09.04
日本を代表するメディアアーティストグループ・ダムタイプによる個展「ダムタイプ―アクション+リフレクション(Dumb Type. Actions + Reflections)」が、11月16日から2020年2月16日まで、東京都現代美術館にて開催される。

Dumb Type《Playback》
©Centre Pompidou-Metz / Photo Jacqueline Trichard / 2018 / Exposition Dumb Type

ダムタイプは、ヴィジュアル・アート建築、コンピューター・プログラム、音楽、映像、ダンス、デザインなど様々な分野の複数のアーティストによって構成されるグループ。1984年に京都市立芸術大学の学生を中心にマルチメディア・パフォーマンス・アーティスト集団として京都で結成された。

1980年代バブル経済における表層性の中にあった「情報過剰であるにもかかわらずこれを認識できていない(=ダム)状態」を敏感にとらえ、鋭い批評性をもって活動を展開。多くの言葉を使う演劇集団の空疎さに対する抵抗として「ダム(セリフの排除)」という手法を選択し、装置、映像、音、パフォーマーの生の身体によって作品を構成。デジタルと身体が新たな関係を持つことで生まれる「ポストヒューマン」のヴィジョンを、その革新的な視覚言語と思想によって、日本から世界に先駆けて表現したパイオニアである。

ダムタイプ結成35周年にあたる2019年に開催する今回の個展は、2018年にフランスのポンピドゥー・センター・メッス分館において開催された個展の作品群や新作にパフォーマンスアーカイブなどを加え、よりバージョンアップした内容となる。新作を含む6点の大型インスタレーションによって構成される大規模個展であるとともに、中心的なメンバー古橋悌二の没後も独自のスタイルで若手アーティストに大きな影響を与える高谷史郎や池田亮司らに加え、若いメンバーを得て活動を続けるダムタイプの、まさに「ダムタイプ - タイプ」といえる卓越したあり方を包括的にみせる試みとなる。

Dumb Type《S/N》Photo: Yoko Takatani
会場では、古橋生前のパフォーマンス《Pleasure Life》に基づく《Playback》、初演時の舞台装置の再現《pH》、「人間の条件」展(1994)と同年の舞台《S/N》による作品《LOVE/SEX/DEATH/MONEY/LIFE》や、古橋没後の3つのパフォーマンスを再構成した《MEMORANDUM OR VOYAGE》(2014)に加え、古橋悌二《LOVERS》(1994/2001、second edition、国立国際美術館所蔵)を展示し、卓越したサウンドデザインによる空間体験を提供。なお、《LOVERS》は2020年1月19日まで展示。

また古橋生前と没後の系譜、現在までを俯瞰的に追いながら、ダムタイプという集団が持っていた独創性、そして現在のインターネット社会においても通じる彼らの先駆的なメッセージを、メンバーや新旧世代の研究者・関係者等による展示によって紹介。多数の作品写真を含む、図録を兼ねた作品集(予価 3,000円)もあわせて刊行する。

会期中には関連プログラムの開催も予定。詳細については、東京都現代美術館ウェブサイトにて順次発表される。

【展覧会情報】
ダムタイプ―アクション+リフレクション(Dumb Type. Actions + Reflections)
会期:11月16日〜2020年2月16日
会場:東京都現代美術館 企画展示室1F
住所:東京都江東区三好4-1-1
時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
料金:一般1,400円(1,120円)、大学生・専門学校生・65歳以上1,000円(800円)、中高生500円(400円)、小学生以下無料 ※( )内は20名様以上の団体料金
休館日:月曜日(2020年1月13日は開館)、12月28日〜2020年1月1日、1月14日
編集部
  • Dumb Type《Playback》©Centre Pompidou-Metz / Photo Jacqueline Trichard / 2018 / Exposition Dumb Type
  • Dumb Type《LOVE/SEX/DEATH/MONEY/LIFE》 ©Centre Pompidou-Metz / Photo Jacqueline Trichard / 2018 / Exposition Dumb Type
  • Dumb Type《MEMORANDUM OR VOYAGE》 Photo: Shizune Shiigi
  • Dumb Type《memorandum》 Photo: Kazuo Fukunaga
  • Dumb Type《OR》 Photo: Emmanuel Valette
  • Dumb Type《pH》 Photo: Kazuo Fukunaga
  • Dumb Type《S/N》Photo: Yoko Takatani
  • Dumb Type《S/N》Photo: Yoko Takatani
  • Dumb Type《pH》 Photo: Shiro Takatani
  • Dumb Type《Voyage》Photo: Kazuo Fukunaga
  • Dumb Type《Voyage》Photo: Kazuo Fukunaga
  • Teiji Furuhashi《LOVERS》Photo: Nobutada Omote 1994/2001 所蔵:国立国際美術館
ページトップへ