バリーからグッドイヤー製法で史上最軽量の新シューズ

2015.02.21

バリーBALLY)が、グッドイヤー製法を採用したコレクションではブランド史上最軽量となる「Scribe Novo Light」を銀座限定で発売した。

「Scribe」は創業者カール=フランツ・バリー(Carl Franz Bally)の孫マックスが開発したラストを使用し、51年に発売されたメンズ向けドレスシューズ。正確なステッチラインとブローグのディテールなどで高い評価を集めてきた。ミッドソールのコルク、ステッチに使用したコットン糸などは、すべて天然素材が使用されている。

「Scribe Novo Light」では素材を入念に組み合わせることで、スタイル、グリップ、履き心地のすべてを備えたラバーソールを完成させた。ラバーソールは衝撃を吸収するため、身体への負担も軽減できる。15SSシーズンに日本で展開されるのは、クラシックなスリッポン・ローファーをバリー流にアレンジした「Score」(プレーンカーフ/11万5,000円)、フォーマルにもカジュアルにも好相性のチェルシーブーツ「Scavone」(シャイニーカーフ/12万3,000円)など全4点。手作業により磨き上げられた上質レザーに加え、カイマン、ヴァラノのエキゾチックスキンで展開される。

また、14年に発売された「Scribe Novo」からも、クラシックなレースアップの「Scanio」(プレーンカーフ/11万5,000円、カイマン/41万8,000円)と、モンクスラップの「Scardino」(カイマン/41万8,000円)の2点を日で展開。同コレクションは先の尖ったラストを使用するなど、従来の「Scribe」よりコンテンポラリーなデザインが採用されたことで話題となった。
HEW
  • 「Scribe Novo Light」からサイドゴアブーツ「Scavone」(12万3,000円)
  • 「Scribe Novo Light」からサイドゴアブーツ「Scavone」(12万3,000円)
  • 「Scribe Novo Light」からコインローファー「Score」(11万5,000円)
  • 「Scribe Novo Light」からコインローファー「Score」(11万5,000円)
  • 「Scribe Novo Light」からコインローファー「Score」(11万5,000円)
  • 「Scribe Novo Light」からストレートチップオックスフォード「Scotch」(11万5,000円)
  • 「Scribe Novo Light」からプレーントゥダービー「Scrivani」(11万5,000円)
  • 「Scribe Novo」からストレートチップダブルモンク「Scardino」(41万8,000円)
ページトップへ