大阪駅前に新たなランドマーク「ヨドバシ梅田タワー」が今秋開業! 大型商業施設とホテルを併設

2019.06.04
大阪梅田の新しいランドマーク「ヨドバシ梅田タワー」が2019年秋開業。既存のヨドバシカメラマルチメディア梅田に、約200店舗からなる商業施設と約1,000室のホテルを併設し、複合商業施設として誕生する。

完成イメージパース(計画地南側から)
大阪駅北口に新しいランドマークとして誕生する「ヨドバシ梅田タワー」。地下2階から地上8階の10フロアにまたがる商業エリアには、アパレル、雑貨、飲店、食物販、サービスなど約200店舗が出店。ファッションスポーツアウトドアインテリアなどのショッピングエリア、ファミリー向けの大型キッズエリアをはじめ、コワーキングスペース、飲食店街とスーパーマーケットが一体となった大型の食のエンターテイメントエリアなど多様な顔をそろえる。

隣接するヨドバシカメラマルチメディア梅田とも連結し、遊ぶ・泊まる・働く・磨く・食べる・買い物をするといった新しいライフスタイルをワンストップで実現。気分が上がる買い物、暮らしの必需品、最高の便利、日々の楽しみとしての食、ハレの日のごちそうと、多方面に渡るお店をそろえて、より便利で豊かな買い物体験を提供する。

上層階の地上9階から35階には、阪急阪神ホテルズが新たに立ち上げた宿泊主体型ホテルブランド日本初の1号店となる「ホテル阪急レスパイア大阪(Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA)」が大阪市内でも最大となる約1,000室の客室を備え、11月27日に開業。宿泊と宴会場の予約を6月3日から開始した。

完成イメージパース(2階 北東広場)

建物デザインは、壁面や屋上の一部を緑化する他、開放感あるガラスカーテンウォールで、クラシカルでありながら先進性も感じられる。中層部の外壁は、既存建物との統一感を重視し、インド産の天然石を使用しアクセントにリブを採用した重厚感ある石張りとなる。

また同施設を囲む外周デッキは、大阪駅、大阪ステーションシティ、グランフロント大阪の周辺施設と接続し歩行者の利便性を向上。バスターミナル施設も整備され、ビジネスや観光にも便利な交通のハブの役割も担う。
編集部
  • 完成イメージパース(計画地北東側から)
  • 完成イメージパース(2階 北東広場)
  • 完成イメージパース(計画地北西から)
  • 完成イメージパース(1階 北東エントランス)
  • 完成イメージパース(夜景 計画地北東側から)
  • 完成イメージパース (計画地北側から)
  • 完成イメージパース (計画地南側から)
ページトップへ