吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」が東京へ。国立新美術館で2021年まで特別展示

開催日:2019.04.17-2021.05.10
2019.04.05
東京六本木にある国立新美術館の正面入口前にて、4月17日から2021年5月10日まで、「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」が特別公開される。



2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展で発表した「ガラスの茶室 - 光庵」。2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となった。国立新美術館では本作品を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情を見ることができる。また、併せて、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」も展示される。



東京2020オリンピック 聖火リレートーチもデザインしているデザイナーアーティストの吉岡徳仁。作品はニューヨーク近代美術館(アメリカ)、ポンピドゥー・センター (フランス)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(イギリス)など、世界の主要美術館に永久所蔵され、アメリカのニューズウィーク誌による「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれている。



【イベント情報】
「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」
会期:4月17日〜2021年5月10日
会場:国立新美術館 正面入口前
住所:東京都港区六本木7-22-2
時間:美術館の開館時間に準ずる
休館日:毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
入場無料
編集部
ページトップへ