日本初「Nike SB」の屋内スケートパーク「Nike SB dojo」が天王洲アイルに新オープン

開催日:2019.04.06
2019.04.02
2020年、日本で開催を迎える国際大会で初めて正式競技に採用されたスケートボードがより一層の盛り上がりを見せるなか、ナイキのスケートボーディングライン「Nike SB」の日本初となるスケートパーク「Nike SB dojo」が、4月6日、東京天王洲アイルにオープンする。



Nike SB(Nike Skateboarding)は、アパレル、フットウエアアクセサリーを展開するナイキのラインの一つ。

新たにオープンする「Nike SB dojo」は、ランプ、階段、レールなどのスケートセクションを完備する屋内型のスケートパーク。無料会員サービス「ナイキ スポーツ ファインダー(NIKE SPORTS FINDER)」に登録をしているナイキメンバーは無料で施設の利用が可能。また施設ではスケートセクションの他、スケートボーダー同士が交流する場としてラウンジスペースを設置。今後はスケートボードだけにとどまらず、音楽アートなどの多様なカルチャーを楽しむイベントの開催も予定している。

施設の利用は「NIKE SPORTS FINDER」で受付中。詳細や利用スケジュールについては、オフィシャルサイトでチェックを。


【施設情報】
Nike SB dojo
オープン日: 4月6日
住所:東京都品川区東品川2-1-1 E号棟
営業時間:
平日15:00〜22:00、週末・祝休日12:00〜22:00
入場無料(入場年齢制限なし、5才以上利用可能)


編集部
ページトップへ