Mと造形作家TAKAGI KAORUがコラボイベントを開催! 完全予約制の参加型のエキシビションも

開催日:2019.03.02-03.24
2019.03.01
ミューベール(MUVEIL)を手掛けるエムM)のデザイナー・中山路子がキュレーションする年間企画展「引き継ぎたいモノ」の第11弾として、造形作家のTAKAGI KAORUが、エム2019年春夏コレクションの立ち上げに合わせ、ブランド・Wo shi Ribenrenとのコラボレーションイベントを3月2日より開催する。




同企画展では、作品の展示・販売、完全予約制の参加型のエキシビションを実施。
日常の喧騒を抜け出し、エムとTAKAGIで紡ぐひとときを体感することができる。
 







「願いを飲む」
神田明神の鳥居をくぐって、皆境内に向かい、お賽銭を入れ鈴を鳴らし、手を合わせ、何かを願い祈る。
くるりと向きを変え、現実の世界へと歩いて行くその後ろ姿は、入れたお金の金額と手を合わせた時間に
すがったのではなく、今手を合わせたこの自分の思いをどうやって飲み込んで、
明日も一歩を踏み出すのかを、常々考えている真面目な姿として私には見えるのだ。








【イベント情報】
〜願いを飲む〜
Wo shi Ribenrenの新作と食物を使い、作家の想う「器」と云うものの意味と面白さを体験するエキシビジョン

■PART1(ライブイベント)
作家と参加者で「願い椀」を体験するライブパフォーマンス
会期:3月2日〜3月4日 
時間:1回目12:30〜/ 2回目16:30〜 ※完全予約制 定員各8名
参加費::5,000円

■PART2(作品展示)
「願い椀」の体験型展示
会期:3月8日〜3月24日


〜Wo shi Ribenren POP-UP event〜
エキシビジョンに合わせ、TAKAGI KAORUの器ブランド・Wo shi Ribenrenを販売
会期:3月2日〜3月24日


【店舗情報】
M
住所:東京都千代田区外神田2-16-2 千代田中央ビル302号
時間:13:00〜19:30
定休日:火、水、木曜日



編集部
ページトップへ