イセタンメンズ2019春夏コンセプトムービー公開、ダンサー・振付家の森山開次が躍動

2019.02.21
イセタンメンズは、2月20日よりスタートしたファッションキャンペーン花々祭」、そして3月16日の伊勢丹新宿店メンズ館モデルオープンに向けた、2019年春夏のコンセプトムービーを公開した。


コンセプトムービーには、ダンサー・振付家の森山開次が登場。イセタンメンズの新ステートメント“男として、そして、人として(As a man, and, As a human)”、今年の「花々祭」コンセプト“MOVER”と連動し、“イセタンメンズが提案する4つのスタイル”を身に纏って躍動する。

4つのスタイルは、High-Tech STYLE、High-Street STYLE、Urban Ethno STYLE、Edgy Mode STYLEで15ルックを提案。ブランドアン ドゥムルメステールANN DEMEULEMEESTER)、ファセッタズムFACETASM)、エフシーアールビー(F.C.R.B.)、ジョン ローレンス サリバンJOHN LAWRENCE SULLIVAN)、カズユキクマガイ アタッチメント(KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT)、カラー(kolor)、ハイダー アッカーマン(HAIDER ACKERMANN)、メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARAYASUHIRO)、マスターマインド ジャパン・マスターマインド ワールド(mastermind JAPAN・MASTERMIND WORLD)、N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)、ネイバーフット(NEIGHBORHOOD)、ストーンアイランドSTONE ISLAND)、ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)、ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)、ワイスリーY-3)がラインアップ。

ムービーの制作は分散型動画メディアのルーテ(lute)が、音楽は平成世代のプロデュースチーム・インディーズレーベル、トウキョウレコーディングス(Tokyo Recordings)がそれぞれ担当。“時代を動かす人が生み出す創造性”と“人の持つ多様性”を表現したコンセプトムービーとなっている。


編集部
  • 森山開次
  • ルーテ(lute)
  • トウキョウレコーディングス(Tokyo Recordings)
ページトップへ