_Fotの2019年春夏コレクション、ウードヒールのパンプスに新色ヒールが仲間入り

2019.02.07
木をメインモチーフにしたシューズや小物、図形的なコンセプトを生かしたウエアシリーズを展開する日本生産のブランドフォート_Fot)の、2019年春夏コレクションのデリバリーが開始する。


今シーズンは、ブランドのシグネチャーとも言える◯△□の3つのシルエットのウッドヒールシリーズのパンプスコレクションに、ウォールナット素材の新色ヒールが登場する。ウォールナット素材ならではの落ち着いたダークブラウンのヒールはシックな印象で、今までのメープル材とは違った表情に仕上がっている。


新作シューズには、ほのかな光沢感のレザーをハンドメッシュによって編んだミュール「mesh mules」や、上質なレザーカフを使用し、スクエアトゥの先にほんの少しだけカッティングを加えオープントゥにした「heel mules square」、爽やかでヌーディなカラーリングを施したレザーを用いて、フロントからベルトまでが一続きになった「v ballet sandals」がラインアップする。


また、アクセサリーラインには、ウォールナットとクリア素材の、3種類の図形をモチーフにしたバングルが新たに加わる。

エンボスシュリンクのシリーズには、春夏仕様の素材とカラーリングを施したバッグポーチなども仲間入りし、レザーアクセサリーも豊富にそろう。


ウエアシリーズは、独特の光沢感とハリ感がのある、麻100%の天然素材であるラミー素材に着目。

これまで用いてきた図形的なモチーフを洋服の平面図(パターン)に落とし込み、1枚の四角形から成る、ワンピースやTシャツ等がラインアップ。シンプルなパターンに、素材の持つハリ感が加わることで立体感を与え、着用時に美しいシルエットになるようデザインされている。また、仕上げに毛焼き加工を施すことで、滑らかな風合いに仕上げている。

ウエアアイテムは、オリジナルカラーのブラックとベージュの2色展開となっている。

編集部
ページトップへ