ルイ・ヴィトンのコネクテッド・ウォッチ「タンブール ホライゾン」がアップデート!

2019.01.25
ルイ・ヴィトンLOUIS VUITTON)は、コネクテッド・ウォッチタンブール ホライゾンコレクション」の新作を、1月24日より発売中。
「タンブール ホライゾン ホワイトセラミック」(52万円〜)
新しいタンブール ホライゾンは、ルイ・ヴィトンのの真髄(こころ)、ラグジュアリー、そして創造的価値観をすべて体験できるユニークなコネクテッド・ウォッチ。これまでに発表されたモデルの成功をもとに、新しいデザインエレメント、素材、カラーが加わってさらに魅力的にアップデートした。

バラエティ豊かなオプションにより、ウォッチフェイスのカスタマイズの可能性がさらに拡大。組み合わせ次第で世界に一つしかない、自分だけのダイアルに仕上げることができる。また、時間表示はデジタルが中心。デジタルモードは、「モノグラム」や「ダミエ」、またガストン-ルイ・ヴィトンを意味するシグネチャーといった、メゾンを象徴するモチーフの数々で彩られている。
「タンブール ホライゾン エクリプス」(30万1,000円〜)
旅のすべての情報を1カ所にまとめることができる「マイ・トラベル」機能にも注目。専用のウォッチフェイスは、ホテル、フライト、列車の予約、さらには出発時刻や到着時刻と同期し、旅の前、旅の途中、そして旅の終わりまで、重要な旅行情報がすべて表示されるため、情報を常に手元で確認することができる。旅先では、エクスクルーシブな「シティ・ガイド」機能により、ホテル、レストラン、観光スポットなどのアドレスの検索も簡単。パリミラノニューヨークなど世界30都市の見どころがタッチスクリーンに表示される。

仕事でもプライベートでも活躍してくれる、他では見られない新機能も満載。ウォッチフェイスをぐるりと囲むベゼルには、デイ/ナイトインジケータ付きの新しい時間リング付き。アンビエントモードに入っても、すべてのデータを簡単に確認することができる。専用のウォッチフェイスで表示される「アジェンダ」機能では、ミーティングの時間と自由時間を色分けされたセグメントで分かりやすく表示。歩いた歩数や、最も集中的に活動していた時間を記録することができる機能「ステップカウンタ」も登場し、ルイ・ヴィトンのスニーカー「アークライト」が中央で存在感を放つ、専用のウォッチフェイスのデザインにも注目だ。

この他、大気汚染の度合いをウォッチフェイスにリアルタイムで表示する「ポリューション」機能や、天気予報と気温予報の機能も見逃せない。
「タンブール ホライゾン ブラウン」(36万6,000円〜)
ユニセックスなデザインは、コレクションを象徴する独特の形状と月の弧のような曲線を描くケースはそのままに、今回新たにポリッシュ仕上げのホワイトセラミックバージョンが新登場。さらに、待望のマットブラウンPVDモデルもラインアップ。ルイ・ヴィトンの美学を語るうえでなくてはならないこの色合いは、ブランドを象徴する「モノグラム」に最も使用される、まさにメゾンのDNAに刻み込まれたカラー。ルイ・ヴィトンの個性あふれるスタイルを反映させ、パーソナライゼーションのコンセプトをユニークに表現する交換可能なストラップも、他では見られないパターンやカラー、素材を伴って新バージョンが展開される。

直感操作性も向上し、指1で操作することができる回転クラウンで、さまざまな機能に素早く簡単にアクセスできる。また、Qualcomm®製の新ウェアラブルプラットフォーム「Snapdragon Wear™ 3100」を搭載することでバッテリーの持ち時間を強化し、一度の充電で丸一日のバッテリー寿命を実現。時間表示のみのウォッチモードでは、最長5日間使用できる。

普段使いのアクセサリーを超える存在の新しいタンブール ホライゾン。着用者のスタイルと個性を映し出す究極の新作ウォッチは、1月24日より一部のルイ・ヴィトン ストア及び公式サイト(www.louisvuitton.com)で発売中。
編集部
  • 「タンブール ホライゾン ホワイトセラミック」(52万円〜)
  • 「タンブール ホライゾン エクリプス」(30万1,000円〜)
  • 「タンブール ホライゾン マット ブラック」(36万6,000円〜)
  • 「タンブール ホライゾン ブラウン」(36万6,000円〜)
ページトップへ