道路に面した窓枠のギャラリー「CAGE GALLERY」で若きキュレーター飯岡陸による3人展がスタート

開催日:2019.01.22-03.31
2019.01.26
東京恵比寿にあるCAGE GALLERYで、1月22日から飯岡陸がキュレーションを行うグループ展「凍りつく窓:生活と芸術」が開催中。

澤田華《57 のプレビューおよび目下のシーン》2019
Hana Sawada, 57 previews and the current scene, 2019


道路に面した窓枠がギャラリースペースとなっているCAGE GALLERY。3月31日までの会期中は、ギャラリーとその周辺の“窓”を使用しながら、澤田華、鹿野震一郎、武田雄介の3人の作家が、入れ替わりで作品を発表をしていく。

1992年生まれの飯岡陸は、これまで「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(KAYOKOYUKI/東京・駒込倉庫)や「太陽光と…」(テラス計画/札幌)などを企画してきたキュレーター。

CAGE GALLERYそのもの、そしてギャラリー周辺を題材にした本展では、展示と鑑賞の再発明を目論む。飯岡は、CAGE GALLERYによって生まれた周辺環境の磁場をすくい取り、キュレーションに組み入れた。澤田華からはじまる1期、続いて鹿野の2期、武田の3期と窓から窓へと乗り移るよう、街とイメージの関係の新しい解釈として提示される。


【イベント情報】
「凍りつく窓:生活と芸術」(キュレーション:飯岡陸)
会期:1月22日〜3月31日
会場:CAGE GALLERY
住所:東京都渋谷区恵比寿2-16-8
点灯時間:11:00 – 20:00 ※1期のみ展示は12:00-20:00となります
*ギャラリー向かいのHender Scheme「スキマ」内に解説のハンドアウトを設置

1期:澤田華 1月22日〜2月17日
2期:鹿野震一郎 2月19日〜3月10日
3期:武田雄介 3月12日〜3月31日
編集部
  • 澤田華《57 のプレビューおよび目下のシーン》2019
  • 鹿野震一郎 展示風景:「winter show」Satoko Oe Contemporary、2018
  • 武田雄介《反 -場所》2018
ページトップへ