スカーフを媒体とする大類信の新プロジェクト「RSP」【ShelfオススメBOOK】

2019.02.02
各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京渋谷神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介。今週は、ではない新しい写真プリントの形を取り上げる、特別編。


■「RSP 1st SCARVES COLLECTION」大類信(主宰)

『rockin'on』『purple MAGAZINE』、初期のトーガTOGA)などのアートディレクションを手掛ける一方で、フィクション・インク、RSP(Radical Silence Production)を主宰し、出版物や展覧会を世に送り出してきたレジェンド・大類信がファブリックを媒体とした新しいプロジェクトをパリから発信。写真家アーティストの作り出したイメージをイタリア産の選び抜かれた100%シルクのツイルに美しく転写したリミテッド・エディションのスカーフ「SCARVES COLLECTION」を発行した。

プロジェクトには、年に1回、4人のアーティストが選ばれ、各アーティスト40枚限定のスカーフが制作される。

「AMY PUTS ON CLINIQUE, 1997」Richard Kern

「UNTITLED, 1998. PHOTOGRAPHIC COLLAGE PINNED TO WALL, 101.6 X 66 CM.」Jack Pierson

第1回目のアーティストは、リチャード・カーン(Richard Kern)、ジャック・ピアソン(Jack Pierson)、鈴木親、そしてMO(大類信)。アート・ピースであると同時に、柔らかに肌に馴染み、エレガントでありながらカジュアルにもコーディネートができるアクセサリーとしても満足のいく仕上がりとなっている。

「AOYAMA TOKYO, 1998」鈴木親

「SONIC YOUTH LIVE IN TOKYO, 1998」MO(大類信)


【書籍情報】
「RSP 1st SCARVES COLLECTION」
モスリン・綾織100%シルク/700×700mm
発刊:2019年
価格:各1万9,000円
Shelfオフィシャルサイトで『RSP 1st SCARVES COLLECTION』を購入する
編集部
  • 「AMY PUTS ON CLINIQUE, 1997」リチャード・カーン(Richard Kern)
  • 「UNTITLED, 1998. PHOTOGRAPHIC COLLAGE PINNED TO WALL, 101.6 X 66 CM.」ジャック・ピアソン(Jack Pierson)
  • 「AOYAMA TOKYO, 1998」鈴木親
  • 「SONIC YOUTH LIVE IN TOKYO, 1998」MO(大類信)
ページトップへ