ダンデライオン・チョコレートがHAY TOKYO内にカフェをオープン! ホットチョコレートやガトーショコラが楽しめる

開催日:2019.02.01
2019.01.21
ダンデライオン・チョコレート(Dandelion Chocolate)が、東京・表参道のジャイル(GYRE)地下1階「ヘイ トーキョー(HAY TOKYO)」内に、新たなコンセプトショップ「Bean to Bar Lounge 表参道 GYRE」を2月1日にオープンする。


2010年のサンフランシスコでの創業時より、カカオ豆の仕入れから製品化までを一貫して行う「Bean to Bar チョコレート」を追求してきたダンデライオン・チョコレート。シングルオリジンにこだわり、カカオ豆の生産地や収穫年、発酵過程はもちろんのこと、農園で働く生産者たちの労働環境などチョコレートづくりの全ての側面に配慮しながら、「Bean to Bar」で世界をフラットにつなぎ、ムーブメントから文化として根づかせることをミッションとしている。

今回オープンする「Bean to Bar Lounge 表参道 GYRE」では、そのシングルオリジンへのこだわりとリスペクトをさらに深化させたドリンクとスイーツを日本市場のため新たに開発。産地によってまったく異なる味わいを持つカカオの個性を最大限に引き出すため、オリジン別やカカオ含有量によって味の違いを比べて楽しめる画期的なメニューを展開する。

ガトーショコラ
12月よりダンデライオン・チョコレートのオンラインストアで販売を開始し、当月分が即日売り切れになるほど話題を呼んだ「ガトーショコラ」が、ペストリーメニューとして登場。まるでチーズケーキのような芳醇な味わいを持つインド産のガトーショコラと、ナッツのようなフレーバーが感じられチョコレートらしい味わいのドミニカ共和国産のガトーショコラの2種類を提供する。

シングルオリジンホットチョコレート
「シングルオリジンホットチョコレート」は、アメリカで長く親しまれ、ダンデライオン・チョコレートでも人気のホットチョコレートを同店のオープンに合わせて新たに開発したもの。イチゴなどベリー系の味わいを思わせるベリーズ産70%と、モカのような深いフレーバを持ちすっきりとしたキレのある後味が特徴のドミニカ共和国70%のチョコレートドリンク2種が登場。カカオの異なる風味をダイレクトに感じられる。なお、使用するカカオの産地、含有量は時期ごとに変わる。

チョコレートマカロン
「チョコレートマカロン」は、3つの産地の異なるカカオ豆から作られたシングルオリジンのチョコレートを使用。それぞれのカカオの個性が引き立つよう、製造方法も産地ごとに工夫した。タンザニア産、インド産、ドミニカ共和国産のそれぞれの色合いや味わいの違いが楽しめる。なお、「ガトーショコラ」と「チョコレートマカロン」に使用するカカオは、その時期に一番美味しいものを使用し提供していく。

Bean to Bar専門店だからこそできるテイスティング・ラウンジで、シングルオリジン・チョコレートの無限の可能性と面白さを堪能し尽くしてみては。

【店舗情報】
ダンデライオン・チョコレート Bean to Bar Lounge 表参道 GYRE
オープン日:2月1日
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 地下1階 HAY TOKYO内
時間:11:00~20:00(ラストオーダー 19:30)
不定休
編集部
  • ガトーショコラ
  • シングルオリジンホットチョコレート
  • チョコレートマカロン
ページトップへ