齋藤飛鳥&堀未央奈&与田祐希が来場した「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」をレポート

開催日:2019.01.11-05.12
2019.01.12
乃木坂 46の約9万点の資料・写真・衣装を特設倉庫に集めた「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」が1月11日から5月12日まで、東京六本木のソニーミュージック六木ミュージアムで開催されている。オープンに先駆けて10日には、メディア内覧会が行われ内容が公開された。

©乃木坂 46LLC

今回の企画展は、ソニー・ミュージックエンタテインメントがスヌーピーミュージアム跡地に新設したソニーミュージック六本木ミュージアムの第1弾コンテンツとなるもの。膨大なアートワークが眠る特設倉庫をイメージしたという今回。会場はCDジャケットミュージックビデオ、衣装の3つのカテゴリーから構成されていて、CDジャケットやミュージックビデオの未公開カットなどのアートワークは、ダンボールに収納された資料を上からのぞき込むように展示されている。

また、衣装の展示コーナーには巨大なラックを設置し、NHK紅白歌合戦で「サヨナラの意味」を歌ったときの衣装、ミューラル(MURRAL)がデザインと制作を担当した「ジコチューで行こう! 」の衣装など、250点の衣装もみどころのひとつになっている。ボディに着せられた1部の衣装についてはデザイン画や生地見本、作品の解説パネルも展示している。




さらに、会場にはカフェやストアも併設。「おいでシャンプーオレ」など、乃木坂 46 の楽曲やメンバーにちなんだフード、デザート、ドリンクなどコラボレーションメニューを提供しているほか、同展のために制作されたオリジナルグッズも販売している。

©乃木坂 46LLC

メディア内覧会には乃木坂 46のメンバーから齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希の3人が出席。齋藤は「だいたいぜんぶということで、なめていましたが、全く時間が足りなかった」とコメント。また、衣装について「どれが1番とは言えませんが、解説パネルにはライブの早替え用になど、私たちも知らないような情報が載っているので、注目して欲しい」と話した。
樋口真一
ページトップへ