2019年注目アートスポット。3年ぶりの瀬戸芸や都現美、原美術館ソフィ カル展、マルジェラやヴィヴィアン映画etc【気になるTopics】

2019.01.05
2019年に開催を予定しているアート展のラインアップがすでに楽しい。

約3年にわたる休館を経て3月にリニューアルオープンする東京都現代美術館、2020年に閉館することが発表された原美術館でのソフィ カル「限局性激痛」展、クリムトやシーレの大型展、夜通し行われる銀座メゾンエルメス フォーラムでの向井山朋子 「ピアニスト」 展、ル・コルビュジエ展、3年に一度の瀬戸内国際芸術祭も春から秋にかけて開催される。

ヴェロニカ・ゲンシツカ 《Untitled #5》 from the Traces series, 2015–2017. Courtesy of the artist and Jednostka gallery

アート展だけでなく、ヴィヴィアン・ウェストウッド、マルタン・マルジェラのドキュメンタリー映画も控えた2019年、見逃せないトピックスが目白押し!


編集部
  • ヴェロニカ・ゲンシツカ 《Untitled #5》 from the Traces series, 2015–2017. Courtesy of the artist and Jednostka gallery
  • Sophie Calle Exquisite Pain, 1984-2003 / © Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018
  • グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902 年 油彩/カンヴァス 178 x 80 cm ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
  • イサム・ノグチ《顔皿》 1952年、イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵
  • 《白磁 花入》2018年
  • 塩田千春 《静けさの中で》 2008年 焼けたピアノ、焼けた椅子、黒毛糸 展示風景:「存在様態」パスクアートセンター(スイス、ビール/ビエンヌ)2008年 撮影:Sunhi Mang
  • 六本木 スヌーピーミュージアム
  • 瀬戸内国際芸術祭 2019
  • メディアアーティスト・落合陽一
  • 『We Margiela マルジェラと私たち』
  • 『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』
ページトップへ