隅田川に「ファスナーの船」運行! 国際的アーティスト・鈴木康広の作品

開催日:2018.12.14-12.28
2018.12.12
海外各都市を巡る国際的アーティスト・鈴木康広の作品「ファスナーの船」が、「Edo⇄2018 すみだ川再発見!『ふねと水辺のアートプロジェクト』」の第3弾として、隅田川の吾妻橋から桜橋の川岸付近を12月14日から28日まで運行する。

©Yasuhiro Suzuki 瀬戸内国際芸術祭2010に出展
日常の何気ない風景や身近な物からインスピレーションを受け、物事の見方を変える作品を国内外で多く発表している鈴木の作品の中でも人気が高い「ファスナーの船」。水面をカンバスとし航跡波を描きながら進む姿を、金具がスライドして布を開くファスナーに見立てた本作品は、鈴木が飛行機から東京湾を眺めていた際、とある船がふとファスナーの金具に見えたことからアイデアが生まれた。
「ファスナーの船」プロジェクトは2004年にラジコンの模型からスタートし、2010年には瀬戸内国際芸術祭にて、実際に船長が操縦する作品として公開。この度、都市の「川」では初運航となる。

初運航となる隅田川は、江戸のころから庶民の遊び場であるとともに、武蔵国、下総国という2つの国を隔てる国境でもあった。そんな境界の役割を担ってきた隅田川が、「ファスナーの船」で開かれたり、繋がったりする様を表現。隅田川の「新しい未来を開く」象徴として、吾妻橋から桜橋の川岸付近を運航する。

鈴木は「飛行機の窓から見下ろした船をファスナーに見間違えたことをきっかけに『ファスナーの船』を着想しました。2010年に瀬戸内海、2011年に浜名湖を開き、いよいよ東京にやってきました。今回、開く隅田川はいつの時代にもそこに住む人々の生活に欠かせなかった歴史的水脈。現在の東京を映す隅田川の水面を開くことで、都市の深層に流れる記憶を呼び覚まし、隅田川の新鮮な見方が生まれるきっかけとなれば嬉しいです」と、コメントしている。

シエロ イ リオ「ふじりんごの包み焼き」(750円)
また隅田川沿いのリバーサイドカフェ、シエロ イ リオでは、隅田川とゆかりのある葛飾北斎が描いた名所浮世絵「冨嶽三十六景」の1図である「凱風快晴」(赤富士)をイメージした限定スイーツ「ふじりんごの包み焼き」(750円)を12月28日まで提供予定。ラズベリーパウダーで染めたサクサクの薄皮、パータフィロにふじりんごのコンポート、アクセントに柚子を練り込んだ白餡を添えた一品となっている。

隅田川を走る「ファスナーの船」と合わせて、美しいスイーツを楽しんでみては。

【イベント情報】
ファスナーの船
会期:12月14日〜12月28日
会場:隅田川・吾妻橋~桜橋の川岸付近(下記時間帯に往復)
時間:12:00~14:00 ※時間は前後する可能性あり
料金:観覧無料 ※天候や川の状況により中止の場合あり

【店舗情報】
リバーサイドカフェ シエロ イ リオ
住所:東京都台東区蔵前2-15-5 MIRROR 1・3F 
時間:月~金 ランチ11:30~15:00(L.O.)、ディナー17:30~22:00(L.O.)、カフェ11:30~22:30(L.O.)/ 土日祝 ランチ11:00~15:00(L.O.)、ディナー17:30~22:00(L.O.)、カフェ11:00~22:30(L.O.)
編集部
  • ©Yasuhiro Suzuki 瀬戸内国際芸術祭2010に出展
  • 鈴木康広
  • 「ファスナーの船」運航図
  • シエロ イ リオ「ふじりんごの包み焼き」(750円)
  • 「シエロ イ リオ」外観
  • 内閣官房が認証する「beyond2020プログラム」
ページトップへ