雑誌『POPEYE』の表紙などを手掛けるアーティスト、エイドリアン・ホーガンの個展が代官山で開催

開催日:2018.12.04-12.18
2018.12.06
人気雑誌の表紙や挿絵などを手掛けるメルボルン出身のアーティスト・イラストレーター、エイドリアン・ホーガン(Adrian Hogan)の個展「Adrian Hogan Solo Exhibition "Slow Burn" Drawings from 2013~2018」が開催。12月4日から20日まで代官山のMONKEY cafe & galleryにて行われている。


エイドリアン・ホーガンは、『POPEYE』や『Casa BRUTUS』などの人気雑誌の表紙や挿絵、スターバックスといったレストランやアパレルショップの壁画などを手掛けるメルボルン出身のアーティスト・イラストレーター。鮮やかな色彩や日本大好き外国人ならではのウイットな表現で多くの人々を魅了している。

今回は、活動拠点を東京に移して6年、雑誌や広告などのクライアントワークの原画や、パーソナルなスケッチに加え新作も発表。普段なかなか原画を見ることができない彼のアーカイブを堪能できる。



【展覧会情報】
Adrian Hogan Solo Exhibition "Slow Burn" Drawings from 2013~2018
会期:12月4日〜12月20日
会場:MONKEY cafe & gallery
住所:東京都渋谷区猿楽町12-8
時間:10:00〜19:00
編集部
ページトップへ