品川駅前が幻想的な野外シアターに! 食や音楽も楽しめる「品川クリスマスシネマウィーク」開催

開催日:2018.12.17-12.22
2018.12.03
東京・品川駅港南口の品川インターシティセントラルガーデンでは、都心に突如現れる⾮⽇常的な野外シアター「品川クリスマスシネマウィーク」を、12月17日から22日まで開催する。


近年全国各地で増えつつある、星空の下や街中など屋外で上映される野外シアター。本イベントでは、品川インターシティに幻想的な野外シアターを敷設。シアターは、ゴールデンウィークに開催されて全国的にも知名度が広がっている「逗子海岸映画祭」などを主催し、野外映画祭の先駆けである移動式野外映画館&アートプロジェクト「シネマキャラバン(CINEMA CARAVAN)」が演出する。

また、本イベントではショートフィルムの総合ブランド「ShortShorts」とシネマキャラバンが初めてコラボレーション。アジア最⼤級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」が恋愛・社会・コメディなど様々なジャンルからセレクトした、3プログラム全11作品を無料で上映する。

「Tokyo・Shinagawaセレクション」には、「東京の玄関口」となっていく品川・港南の豊かな地域資源と特色、東京の魅力をテーマに『しゃぶしゃぶスピリット』 (監督:Yuki Saito)などの3作品が登場。「世界が認めたショートフィルムセレクション」には、アカデミー賞をはじめ世界各国の映画祭で輝かしい受賞歴を持つ『サイレントチャイルド』 (監督:Chris Overton)など4作品がラインアップ。また「リフレッシュセレクション」では、仕事帰りにさくっと楽しめてリフレッシュできる『アルゼンチン・タンゴ』 (監督:Guido Thys)など4作品を上映する。

上映時間は、12月17日から21日までは第一部が19時から19時50分、第二部が20時から20時50分。最終日の22日18時からは、クリスマス特別上映作品として『ラブ・アクチュアリー』が登場する。


エリア内では映画だけでなく先進的なルーツミュージックを中⼼とする⾳楽ライブを、12月18日から21日の18時15分から開催。幻想的でエキセントリックなワールドミュージックやジャンルを超えたギターサウンドまで個性溢れるアーティストが登場し、品川インターシティやその周辺で働くビジネスマンを⼼地よい⾳楽で会場へといざなう。出演アーティストは、Otoji+Ray & 長島源、☆.A/NAOITO、NaNaKiKu、市村順平となっている。

さらに、フードゾーンには全⽶No.1クラフトビールの「BLUEMOON」のキャラバンカーをはじめ、こだわりのグルメが集結。農林水産省イネ科担当も在籍する、お米のエンタメ集団「米騒動」の自家製お米のソーセージをはじめとした肉料理を提供する「PORTE」、デザイナー・料理人・主夫の“ぷるにぃ”が様々な角度から創り出す常識を越えた料理が楽しめる「ぷる飯」、山梨県で農業や加工品の販売をおこなう山梨料理人軍団が創る、オーガニック発酵食材プレートが必見必食の「発酵食堂 さはんじ」が出店する。飲食エリアの運営時間は17日は17時~22時(L.O.21時30分)、18日~22日は11時30~22時(L.O.21時30分)となっている。

メイン会場に隣接する“森”にはイルミネーションを装飾し、16時半から24時まで点灯。LEDを使⽤した圧倒的なボリューム感で会場を華やかな雰囲気で包み込む。クリスマスを彩るイルミネーションの幻想的な雰囲気の中、「観る・聴く・味わう」を一度に楽しむことができるエンターテイメントイベントで、冬の夜を過ごしてみては。

【イベント情報】
Shinagawa Xmas Cinema Week
会期:12月17日~22日
会場:品川インターシティセントラルガーデン
編集部
  • 『しゃぶしゃぶスピリット』 (監督:Yuki Saito)
  • 『サイレントチャイルド』 (監督:Chris Overton)
  • 『アルゼンチン・タンゴ』 (監督:Guido Thys)
  • 個性あふれるアーティストによる音楽ライブも開催
  • PORTE
  • ぷる飯
  • 発酵食堂 さはんじ
ページトップへ