ラフォーレ原宿のトイレがアートギャラリーに! こけら落としは写真家・大野隼男の個展

開催日:2018.10.27-2019.03.31
2018.10.30
ラフォーレ原宿の地下1階のトイレが、10月27日、アートディレクター・鳴尾仁希によるアートギャラリーを兼ねた空間にリニューアル。初回の作品展示として、写真家・大野隼男の個展を2019年3月まで開催中。


同店のキャンペーンビジュアルを複数手掛けてきたアートディレクター・鳴尾仁希。今回、「ラフォーレ原宿のトイレで開く、"アート"と"カルチャー"の窓」をコンセプトに、アートギャラリーを兼ねたトイレをディレクションした。(デザイン協力:山家 章宏)



初回の作品展示アーティストには、数々のファッションブランドや雑誌、アーティスト写真、広告を手掛ける写真家の大野隼男を迎える。2019年3月まで、「原宿の魅力に取り憑かれた神様」をテーマに、ノスタルジックな空気を纏ったファンタジーの世界を表現した作品が展示される。






【イベント情報】
写真家/大野隼男 Created in collaboration with HITOKI NARUO
会期:10月27日~2019年3月(予定)
会場:ラフォーレ原宿 B1F トイレ
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6  
時間:11:00~21:00
編集部
ページトップへ