ルイ・ヴィトン、フェルメールの名画『牛乳を注ぐ女』のために製作したトランクを日本橋三越で展示

2018.10.12

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、東京・上野の森美術館で2019年2月3日まで開催中の「フェルメール展」に際し、アムステルダム国立美術館のために、世界的に有名なヨハネス・フェルメールの傑作絵画『牛乳を注ぐ女』の特製トランクを製作。10月10日にリニューアルオープンしたルイ・ヴィトン 三越日本橋店にて展示する。

『牛乳を注ぐ女』は、オランダ人画家、ヨハネス・フェルメールの油彩画であり、アムステルダム国立美術館が所蔵する絵画の中でも最重要作品の一つと考えられている。女性が牛乳を注ぐのに没頭している様子が描かれ、注がれる牛乳を除いて、時が止まったかのようにすべてが静寂に包まれている。ルイ・ヴィトンは今回、アムステルダム国立美術館から、フェルメールの傑作『牛乳を注ぐ女』をアムステルダムから日本まで安全に運ぶためのトランク製作を依頼された。

特製トランクは、フランス・アニエールにあるルイ・ヴィトンの歴史あるアトリエで、熟練した職人により細部に至るまでこだわり、製作された。アイコニックなモノグラム・キャンバスに、メゾンを代表する真鍮のコーナー金具と錠前が光を放つ。トランクの外装には手作業によるストライプのペインティングが施され、ライニングには鮮やかなイエローを使用し、作品に登場するカラーを彷彿とさせる。

Malle Rijks Museum 2018 ©Louis Vuitton Malletier - Gregoire Vieille
ルイ・ヴィトンはこれまでに世界で貴重なアイテムを収める専用ケースを数多く手掛けてきた。1924年にはフランス人アートディーラーのルネ・ジャンペル(René Gimpel)からオーダーを受け、彼が世界各地に旅して名作を顧客に紹介することができるよう、専用トランクを製作。以来、世界中の顧客から依頼を受け、美術品や画材を最適な状態で保護し、運搬するためのケースを製作している。

ルイ・ヴィトン会長兼CEOを務めるマイケル・バーク氏は、「ルイ・ヴィトンは常に、新たな分野を切り開く偉大な先駆者や芸術家たちの旅をサポートしてきました。創造への情熱を持ち続けるルイ・ヴィトンは、いつの時代も芸術と文化的遺産を支援しています。このたび、誰もが知る最高傑作とも称される作品を安全に保護し、運ぶための特製ケースを製作できたことを大変光栄に思います」と語っている。
編集部
  • ルネ・ジャンペル(René Gimpel)より依頼されて製作されたトランク(1924年)
  • Malle Rijks Museum 2018 ©Louis Vuitton Malletier - Gregoire Vieille
  • Malle Rijks Museum 2018 ©Louis Vuitton Malletier - Gregoire Vieille
  • Malle Rijks Museum 2018 ©Louis Vuitton Malletier - Gregoire Vieille
ページトップへ