グッチ青山がフルリニューアル! オープニングに渡辺直美、伊勢谷友介らが来店

2018.09.19
グッチ(GUCCI)は、東京・青山のフラッグシップショップをフルリノベーションし、9月14日にリニューアルオープンした。


3フロアからなる、総面積1,000平方メートルを超える同店では、メンズおよびウィメンズのウエア、ハンドバッグ、ラゲージ、スモールレザーグッズ、シューズ、コスチュームジュエリー、ファインジュエリー、ウォッチ、シルク製品、アイウエア、フレグランス、グッチ デコール コレクション、チルドレンズ コレクションまで、フルカテゴリーをラインアップ。

最新コレクションより幅広いアイテムを取りそろえる他、リニューアルオープンを祝してグッチ青山限定のハンドバッグ、ラゲージ、メンズおよびウィメンズのシューズ、ウエアなども展開する。


また、グッチを代表する製品をパーソナリゼーション出来る「GUCCI DIY(Do It Yourself)」プログラムを展開。

パッチやエンブロイダリー、プリント ライニングなどの装飾をカスタマイズ出来るメンズアイテム、イニシャルを編み込んでカスタマイズ出来るユニセックスのニットウエアがスタートする他、10月中旬にはウィメンズのDIYプログラムがスタートし、ウエア、ドレス、カーディガン、バイカージャケットなど様々なスタイルのジャケットのカスタマイズを楽しめる。さらに、ハンドバッグ、ラゲージ、アクセサリーもパーソナライズすることが可能。


インテリアは控えめなデザインを採用し、心地よくリラックス出来る空間。伝統とモダン、インダストリアルとロマンティックなエレメントが融合し、最新のグッチ コレクションの特徴となっているエレガントでコンテンポラリーな折衷主義が息づき、ショップに並ぶアイテムの魅力と心地よく共鳴する。

フロアには異なるカラーの大理石を組み合わせた象嵌を施すことで装飾的な三次元効果が生み出され、木製のフローリングと調和のとれた一体感を演出。対照的な素材を並置することによって生まれる独創的な融合が、ショップ全体で表現されている。


テクニカルなディスプレイユニットと空間を飾るプレシャスなファブリックの柔らかさとのコントラスト、ラウンドテーブルとスクエアテーブル、フィッティングルームにも艶やかに仕上げられたアイアンや大理石とともに、キルティングやスムーズなベルベットを使用。ショップの随所にはラグジュアリーな椅子が配置され、ヴィンテージのオリエンタルラグが重なり合うように敷かれている。

また、日本の伝統とグッチのコンテンポラリーな美学を融合させた、グッチ青山だけの特別仕様の階段がデザインされ、漆器のようにつややかな漆黒の手すりには、アンティークゴールドのフローラル パターンが描かれている。


3階で新たに展開されるチルドレンズ コレクションのコーナーは、ピスタチオグリーンのカーペットと、ネイビー&ホワイトのストライプやイエロー&ホワイトのギンガムチェックの壁紙で彩られている。色とりどりの明るい壁やファブリックに囲まれた遊び心あふれる空間は、自由に夢をふくらませる子どものベッドルームを思い起こさせる。

渡辺直美

なお、9月13日にはグランドオープンに先立ち、オープニングを祝したレセプションが開催。多くのセレブリティやインフルエンサーが来場し、華やかなオープニングイベントとなった。


【店舗情報】
グッチ青山
住所:東京都港区北青山3-6-7
営業時間:11:00~20:00
不定休
編集部
  • 渡辺直美
  • 夏木マリ
  • 川口春奈
  • 森星
  • AMIAYA
  • SUPER JUNIOR D&E ドンヘ、ウニョク
  • 伊勢谷友介
  • 蜷川実花
  • 紫舟
ページトップへ