写真家・深瀬昌久の40年を網羅した全26章による決定版【ShelfオススメBOOK】

2018.09.15
各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京都渋谷区神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介します。



■『Masahisa Fukase』深瀬昌久

深瀬昌久、待望の集大成。私性と遊戯を追い求めた40年。

1960年代から日本写真の第一線で活躍した写真家・深瀬昌久。だが、1992年の不慮の事故により、その活動は閉ざされた。「鴉」が不朽の名作として語り継がれる一方、そのほか大半の作品が紹介される機会は失われた。

本書は、そんな謎多き写真家・深瀬の40年間に及ぶキャリアを俯瞰し、その写真表現の全貌を初めて浮き彫りにする決定版。全26章。

深瀬は、北海道の写真館の家系に生まれ、「私性」と「遊戯」の視座に根差した写真表現を多岐にわたる手法で探求した。その人生の中心には常に写真が腰を据え、内なるリビドーは周囲を巻き込み、己の人生をも破滅へ向かわせた。

本書は、作品一つひとつを時系列で整理し、深瀬が雑誌に残した撮影後記や手記等から、その制作意図や背景を丹念に探る。これまで断片的にしか見えてこなかった深瀬の作品が、軌跡となって立ち現れ、生涯をかけてカメラの先で何を見つめようとしていたのかを本質的に探ろうとする。写真表現の豊かさと凄みを湛え、未来に手渡す大冊。






【書籍情報】
『Masahisa Fukase』
写真:深瀬昌久
出版社:赤々舎
監修・本文:トモ・コスガ(深瀬昌久アーカイブス ディレクター)
序文:サイモン・ベーカー(ヨーロッパ写真美術館館長)
言語:日本語
ハードカバー/416ページ/260×200mm
発刊:2018年
価格:8,000円
Shelfオフィシャルサイトで『Masahisa Fukase』を購入する

<目次>
北海道/東京/ 1952–1954 /豚を殺せ/カラー・アプローチ/松原団地と新宿 /遊戯–A PLAY–/家族・I/組立暗箱を担いで/烏1976/サスケ/鴉1979/烏・夢遊飛行/烏・東京篇/歩く眼・I/歩く眼・II/遊戯–A GAME–/総天然色的街景/烏景/家族・II/父の記憶/私景/ヒビ/ベロベロ/ブクブク/烏1992/オートマティズム


Shelf
ページトップへ