連載50周年記念『ゴルゴ13』の特別展が川崎市市民ミュージアムで開催! さいとう・たかをによるサイン会も

開催日:2018.09.22-11.30
2018.08.08
日本で初めて漫画部門を設立し、漫画文化を発信し続ける川崎市市民ミュージアムでは、連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」を9月22日から11月30日まで開催する。


孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つ劇画『ゴルゴ13』。本名、国籍、生年月日などすべて不詳ながら、任務遂行の姿勢、名言、信条などは、大勢のファンの心をとらえて離さない。『ビッグコミック』(小学館)での連載開始は1968年11月。総発行部数は2億部を突破し、コミック界における連載最長記録を更新し続けている。

連載50年を記念した同展が、大阪、盛岡に続き、今回、待望の首都圏に巡回。全5章で構成され、初公開となる貴重な原画の数々や、門外不出だったさいとう・プロダクション内“武器庫”のモデルガンを展示する他、ゴルゴ愛用の銃「アーマライト M16」の体感コーナーや仕事場の再現コーナーも設置、さらに分業によるゴルゴ制作の裏側にも迫る。

『死に絶えた盛装』©さいとう・たかを

名作『海へ向かうエバ』の初公開となる原画15点とともに1話を読み切ることができる「エバコーナー」、著名人から送られた「ゴルゴへのラブレター」、貴重な『別冊ビッグコミック』『ビッグコミック増刊』(小学館)の全巻展示も見どころ。記念撮影ができるゴルゴの等身大フィギュアも登場する。

川崎展独自の関連イベントも多数開催。9月30日には、劇場版アニメーション『ゴルゴ13』を、11時と14時から会場1階の映像ホールで上映する。11月3日の13時からは、開館30周年を迎える同館の開館記念特別イベントとして、「さいとう・たかを サイン会」を開催。当日、特別展図録(税込2,000円)を購入した先着100人に整理券を配布、目の前でさいとう・たかを自らが直筆で直筆サインを書き入れる大変貴重な機会となっている。11月4日の14時からは、同展の公式テーマ曲『13th Shot』を制作したロックバンド・BOWWOWのギタリストである山本恭司によるスペシャルライブを開催する。この他、マンガのストーリーの組み立て方を体験できるワークショップ「写真を撮ってマンガをつくろう!」や、ベビーカーツアー、ギャラリーツアーなども開催。

さらに、ミュージアムショップでは、さいとう・たかを監修による数量限定フィギュアを始め、展覧会場でしか入手できないオリジナルグッズを多数販売する。

【展覧会情報】
連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……
会期:9月22日~11月30日
会場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室 1、アートギャラリー1・2・3
住所:神奈川県川崎市中原区等々力1-2(等々力緑地内)
時間:9:30~17:00(最終入場は16:30まで)
料金:一般1,200円(960円) 65歳以上・大学生・高校生1,000円(800円) 中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金、障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料
休館日:毎週月曜日(ただし9月24日、10月8日は開館)、9月25日、10月9日
編集部
  • 『ビッグ・セイフ作戦』
  • 『死に絶えた盛装』
  • 『銃殺人ひとり』
  • 『夜は消えず』
  • 『皇帝と共に北へ向かう』
  • 『クレムリン名簿』
  • 『潮流激る南沙』
  • 『スティンガー』
  • SPコミックス 96巻 表紙
  • 『アームストロングの遺言 前編』
  • 『海へ向かうエバ』
  • M16フルスクラッチ(さいとう・ プロダクション「武器庫」より)
ページトップへ