世界の朝食レストラン、8月と9月はギリシャの朝ごはんが登場! パイやスイーツ、ヨーグルトも

開催日:2018.08.07-09.30
2018.08.02
朝ごはんを通して世界を知る”をコンセプトに、2ヶ月ごとに変わるメニューを楽しめるカフェワールド・ブレックファスト・オールデイ」。東京外苑前原宿にある2店舗に、8月7日から9月30日までギリシャの朝ごはんが登場する。

ギリシャの朝ごはん(1,500円)
「明るい空、青い海」。ヨーロッパの最南端にある地中海に囲まれた国、ギリシャ。5000年前に花開いた古代ギリシャ文明はヨーロッパ最古の文明で、さまざまなジャンルで今日につながる文化の基礎を築いた。
その時代に豊かだった土地はその後の気候変動で痩せてしまったものの、痩せた土地でも育つ抗酸化作用の高いオリーブやぶどう、地中海で獲れる魚介類を使ったギリシャのヘルシーな文化は「地中海ダイエット」と呼ばれ、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。8月と9月のワールド・ブレックファスト・オールデイでは、朝ごはんを通してそんなギリシャをする。


朝ごはんには、ゴマがたっぷりついたリング型のパン「クルーリ」やオリーブオイルを練り込んだ非常に薄い生地のパートフィロで作るパイ(ピタ)をよく食べる。パイはたくさんの種類があるが、代表的なのは羊またはヤギの乳を塩水と一緒に熟成させたフェタチーズが入った「ティロピタ」。軽いパイ生地の食感とフェタチーズの塩味がクセになる。

オリーブオイルやオレガノをかけるギリシャらしい「ホリアティキサラタ(グリークサラダ)」、はちみつとシナモンをかけた濃厚なギリシャヨーグルト、イチジクといったフルーツも朝ごはんによく食べる。


朝ごはんの他にもスイカのサラダやヨーグルトのディップ「ザジキ」といったサイドメニュー、ざくろジュースや山のお茶といった国民的ドリンク、バクラヴァなどのデザートも用意される。会期中には、ギリシャに関するイベントも開催予定。

【店舗情報】
ワールド・ブレックファスト・オールデイ(WORLD BREAKFAST ALLDAY)外苑前店
住所:東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
営業時間:7:30~20:00(ラストオーダー19:30)
不定休

ワールド・ブレックファスト・オールデイ(WORLD BREAKFAST ALLDAY)原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前6-15-14-1F
営業時間:7:30~20:00(ラストオーダー19:30)
不定休
編集部
  • ギリシャの朝ごはん(1,500円)
  • ギリシャの朝ごはん(1,500円)
  • ギリシャの朝ごはん(1,500円)
  • ギリシャの朝ごはん(1,500円)
  • ギリシャの朝ごはん(1,500円)
  • ギリシャの朝ごはん(1,500円)
ページトップへ