シャネルから文学の街パリへ捧げるオマージュ、ハイプロファイルなデザインで魅せる洗練のコントラスト【2018-19秋冬クチュール】

2018.07.16
シャネル(CHANEL)が7月3日、パリのグランパレ(Grand Palais)で2018-19年秋冬 オートクチュールコレクションを発表した。

© CHANEL
インスピレーションを求めたのは文学の街・パリ。18世紀に設立されたフランス学士院が見えるパリの風景を切り取ったようなランウェイには、セーヌ川沿いに建ち並ぶブックスタンドが再現され、シャネルにまつわる雑誌や写真が飾られている。

スタンドの椅子に腰掛けた男性や子供の前を颯爽と歩いていくモデルたち。ツイードスーツのシルエットは直線的だが、ウエストはややシェイプされ、メゾンを象徴するコードであるブレードにはジッパーが装飾されている。スカートのサイドスリットやジャケットのスリーブは、ジッパーの開閉によって表情が変わる“ハイプロファイル”なデザインで、そこから覗くミニスカートやカラフルなグローブが、美しいコントラストを生み出している。

カラーパレットにもパリの色彩が存分に感じられた。カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が「パリの色」と話すペールグレーやチャコールグレーを始め、夜のセーヌ川に反射してきらめくシルバーやゴールドといった落ち着いたカラーをベースに、パリの建造物を思わせるグリーンや夜明け前の空を包むモーヴなどが差し色に使われた。

イブニングドレスは、贅沢な素材と装飾、大胆なボリュームと透け感の競演。スパンコールやビーズが散りばめられたパフスリーブのドレスやベアトップドレスは、シンプルなボトムとの対比によって輝きを増す。シルバーの葉が重なったフラッフィーなドレスや職人の技が光るベルベットのドレス、羽毛のようなバルーンシルエットのドレスなど、オートクチュールの真髄であるアトリエの手仕事が遺憾なく発揮されたルックが次々に登場。

ラストを飾ったのは、フランス学士院の会員が着用した礼服に着想を得たペールグリーンのスーツ。フロントや袖口に刺繍された葉のモチーフ、エレガントなハイカラー、気品あるヘッドピース。そして、流麗なラインの美しさが際立ち、コレクションを象徴する秀逸性に溢れていた。

Akiko Hanazawa
ページトップへ