ナイキラボ、アリクスのデザイナー マシュー・ウィリアムズとの協業でコレクションを発表!

開催日:2018.07.12
2018.06.20
ナイキラボ(NIKELAB)とマシュー・M・ウィリアムズがコレクションを発表。7月12日に発売される。


マシュー・M・ウィリアムズは、現在イタリアに拠点を置く、アメリカ人デザイナーであり、ファッションブランド・アリクス(ALYX)の設立者でもある。独自の美的感覚と実用性のバランスをとることで知られている。ウィリアムズはデータを基とする目的重視のデザインに人間らしさを加えた、トレーニングシャツ、パンツ、アクセサリーなどからなるメンズ・ウィメンズ向けコレクションをナイキとともに制作した。

今回のコレクションは、去年発表した未来を見据えてデザインされた「A.A.E. 1.0 コレクション」のTシャツの要素を活用している。コンピュータデザイン技術を用いて、体温上昇により汗をかく部分や、動きを示すアトラスマップデータを構造的なパターンへ転換し、Tシャツの新たな製造方法の参考とした。

ナイキのアパレルデザイン担当で副社長でもあるカート・パーカーは、「データの可視化ができれば、これまでとは異なる問題解決方法を考えられるようになる」と説明。例えば、高度な体温調節や生態力学にこだわることで、従来のガーメントのパターン創りを見直すことにつながる。

そしてウィリアムズは、「コンピュータによるデザインやデータから新たなデザインの未来が生まれることは間違いない。今までとは異なる物の見方やこれまでできなかったことも可能になり、これを元に新しい視点からデザインができるようになる」と言う。


データは新しい機会をもたらす一方で、それだけではデザインはできない、ということを2人とも確信している。そこに、ウィリアムズの言う“有機的な感覚” を加える余地がある。ウィリアムズは今回のコレクションで、ウィメンズのミッドレイヤータンクの布端を切りっぱなしにするなど、精密なコンピュータデザインにあえて不完全さを取り入れる手法などから、その考えがうかがえる。

ウィリアムズが厳選してデザインしたアクセサリーが、このコレクションの汎用性を高めている。パーカーは次のように話している。「最先端のナイキのデザインを、世界に向けて現実的に応用してくれることが、ウィリアムズと一緒に働くことの楽しみです。トレーニングコレクションは、ジムだけで使われるもので はないため、異なる場面に対応する機能性を備えている必要があります。たとえば、ポケットや、取り外したり様々なことに応用できたりする要素も必要です。 マシューは、タオルも必要であるとコレクションに含めました。」

また、ウィリアムズのナイキ ソックスのデザインは遊び心たっぷりに仕上げられ、定番アイテムを新たなものに仕上げる彼のデザインを最もよく象徴するものになっている。「ダブルソックスは、それ自体が幅広く使われ親しみやすくて大好きです が、少し手を加えることで、慣れ親しんだ中にも新しい感覚が生まれます。」と、ウィリアムズは話す。

NIKELABとマシュー・M・ウィリアムズのカプセルコレクションは、7月12日からNIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店で発売予定。
編集部
ページトップへ