日本の誇るジュエラーが一堂に。美の凝縮した「日本のアートジュエリー展」が日本橋三越で開催

開催日:2018.07.18-07.23
2018.07.09

日本の風土と気質のなかで、日本ならではのジュエリーを発展させ続けている作家、工房、ジュエラーを一堂に紹介する「日本のアートジュエリー展」。1908年、貴金属フロアが開設し110年を迎える日本橋三越本店で、7月18日から23日まで開催される。

2017年夏に初開催された日本橋三越の「日本のアートジュエリー展」。ジュエリーは元々西洋発祥のものであるが、日本人特有の繊細さによって発展している日本らしいジュエリーには西洋のものとは異なる個性と美しさがある。本展では、作家、工房、ジュエラーが生み出した“アートジュエリー”と呼ぶにふさわしい、メイド・イン・ジャパンの美に焦点を当て、西洋のアンティークジュエリーとともに作品を紹介する。

会場に並ぶジュエリーはどれも身につけた時の美しさ、西洋の伝統技法を礎に編み出された革新的な技と緻密な造り、オリジナリティー溢れるデザイン、確かな素材など全てが日本の誇れる一流のもの。伝統、革新、独創性を兼ね備えた、ジュエリーの未来を創造するアーティスティックな世界が繰り広げられる。

本記事では、卓越した技法を魅せる「テクニック」、日本の美意識が息づく「デザイン」、いつの時代も人々を魅了してきた「アンティーク」という3つのキーワードの下に、本展に出展する作家と作品の一部を紐解いていきたい。



石川暢子 / NOBUKO ISHIKAWA(ノブコ イシカワ創業者)


日本古来の技術と西洋美学の融合。


日本にまだ、ジュエリー文化が根付いていなかった時代。“日本女性の美しさを引き出し、日常着に纏うジュエリーをデザインしたい”という想いから誕生した、石川暢子によるブランド・ノブコ イシカワ。その工房では現在も石川暢子の志と技術はブランドとして受け継がれ、企画・デザインを始め、伝統工芸、彫金の技術を駆使した作品が製作されている。本展で披露される2018年の新作コレクションは、ストーリー性のある絵画的なジュエリーがラインアップ。

ブローチ兼ペンダントヘッド「白鳥城」税込410万4,000円

ブローチ兼ペンダントヘッド「愛の調べ」税込275万4,000円



大倉堂(ジュエラー)


美の息づく瞬間を再現する、まるで風景画のような作品。


西洋のジュエリー技法を用いながらも、日本の景色や四季へ着想を得てデザインし日本独自の美を追求している、1969年創業の大倉堂。プロデュースを行う二代目大倉仁による、“新しい日本のジュエリーを創造すること”、という哲学の下、日本人の美意識をそのまま形に仕立てた繊細で艶やかなジュエリーを製作している。ひとえに和をモチーフにするのではなく、和室の丸窓から見える移り変わる風景を描いたり、ふっくらした朝露が煌めく瞬間や、咲き誇る桜の花びらの繊細で微妙な凹凸を形にしたりと、イメージを発展させた、まさに芸術と呼べるジュエリー。日本人に息づく美意識、そして新しいジャポニズムの表現を体感してほしい。


あぢさゐ Ptダイヤモンドピンブローチ兼ネックレス 税込97万2,000円


中島正己(ボンド・ストリート オーナー)



確かな審美眼で選び抜かれたタイムレスピース。


英国骨董宝飾店ボンド・ストリートの代表中島正己は、西洋美術商などを経て、1987年にアンティークジュエリーを輸入販売するナカジマ・コレクションを設立。以降、世界中を飛び回り様々な年代のジュエリーを買い付けており、そこで培われた審美眼によって選び抜かれた、希少でクオリティーの高いコレクションが高い評価を得ている。また、オリジナルジュエリーの製作も手がけており、王侯貴族や特権階級が顧客だった時代の作品に挑むように、名工の技術をもって手間ひまをかけた作品づくりにこだわっている。

<作者不明>プラチナ ナチュラルパール ダイヤモンド ペアブローチ(英国 1910年頃) 税込1,350万円




会場では、多数イベントも予定されている。7月18日と22日の各日11時と14時には、ジュエリーデザイナーの永坂景子による「実演と蒔絵体験」(4,860円※材料費込み)を開催。漆塗りの木製小皿に好きな絵柄を描き、金色の粉を蒔いてオリジナルの蒔絵ワークショップとなっており、各回60分の定員10名で要予約。7月18日、20日、21日の各日10時から18時には、ノブコ イシカワ工房による「クラフトマン実演・解説」も開催予定。いずれも予約、問い合わせは日本橋三越本店 本館6階宝石サロンにて受け付ける。その他、ジュエリーデザイナーの日野めぐみが常駐しジュエリーオーダーとリフォームも承る。

また会期中は、同会場にて「5大宝石の魅力」も同時開催される。ジュエリーの製作に携わったデザイナーや職人本人と作品との触れ合いを介して、日本のジュエリーの魅力をぜひ堪能してほしい。


【イベント情報】
日本のアートジュエリー展
会場:日本橋三越本店 本館7階 催物会場
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1
会期:7月18日~23日
時間:10:00~19:00(最終日は18:00まで)
出展者:
ノブコ イシカワ、大倉堂、三木稔、村松司、舟串盛雄、三谷紘史、川田紀夫、永坂景子、ジュエリークレスト 周防・石井、今井繁、永山真維子、ジャウマ・ラブロ、ボンド・ストリート
入場無料
URL: http://www.mitsukoshiguide.jp/artjewelry/
編集部
  • ブローチ兼ペンダントヘッド「白鳥城」税込10万4,000円(Pt900、ダイヤモンド、カラーダイヤモンド、サファイヤ、アクアマリン、赤銅)
  • ブローチ兼ペンダントヘッド「愛の調べ」税込275万4,000円(Pt900、K18、ダイヤモンド、赤銅、四分一)
  • 西洋の押し彫りとは異なる、金鎚で“鏨(たがね)”を叩いて手前に彫るという日本独自の手法で製作
  • 複数案のデザイン画を描き修正を重ねデザインを決定していく
  • バーナーでろう材(同じ貴金属の小片)を溶かしパーツを接合する
  • あぢさゐ Ptダイヤモンドピンブローチ兼ネックレス 税込97万2,000円
  • あぢさゐ Ptダイヤモンドピンブローチ兼ネックレス 税込97万2,000円
  • 石と石の隙間を極端に狭くしダイヤモンドだけで構成するパヴェ部分は、大倉堂をならではのこだわり
  • 花の咲く様、散りゆく様、情景を映し出す繊細なジュエリー
  • <作者不明>プラチナ ナチュラルパール ダイヤモンド ペアブローチ(英国 1910年) 税込135万円
  • 中島正己
  • 蓮(ブローチ) 税込302万4,000円、カエル(ピンブローチ) 税込34万5,600円
  • 村松司
  • ペンダントブローチ 税込186万3,000円
  • 舟串盛雄
  • フラワーイヤリング 税込75万6,000円、フラワーリースブローチ 税込129万6,000円
  • 三谷紘史
  • パールブローチ 税込270万円
  • 川田紀夫
  • 螺鈿蒔絵リング 税込73万4,400円
  • 永坂景子
  • 「スピニング・スターズ」リング 税込80万円、「エイジ・オブ・ビューティ」ネックレス 税込95万円
  • ジャウマ・ラブロ
  • 夏椿(ナツツバキ)ブローチ&ペンダントトップ 税込114万4,800円
  • 三木稔
  • コンテンポラリーオートカクテル 税込413万1,000円
  • 永山真維子
  • ジュエリークレスト 周防
  • 石井恵理子
  • ジャスミンロンド ペンダント 税込47万3,040円
  • 今井繁
  • ジュエリーデザイナー日野めぐみ
  • Ptダイヤモンドリング、Ptダイヤモンドペンダント 各税込237万6,000円
  • Ptルビーリング 税込140万4,000円
  • K18WG アコヤパール帯留め 税込237万6,000円
ページトップへ