アンリアレイジ、ザ・ブルーハーツをテーマにした服の展示を京都駅で開催中のROCK展で公開

開催日:2018.06.09-07.01
2018.06.12
アンリアレイジ(ANREALAGE)は、ロックとクリエーターとの関わりに焦点を当てた展覧会「ROCK:POWER,SPIRIT&LOVE」において、ザ・ブルーハーツをテーマとする洋服の展示を行う。展覧会は、美術館「えき」KYOTOにて6月9日から7月1日まで開催。

ROCKは20世紀が生んだ最大のカルチャー。単に音楽の1ジャンルというだけではなく、そのパワーやスピリットが多くの創造者(クリエイター)たちに影響を与え、それが人生や作品へと反映されていった。

本展は、音楽、文学、演劇、美術、写真、さまざまなジャンルで活躍する創造者たちの過去から現在へと至るROCKとの関わりを、レコードジャケットや書籍をはじめとして、自己の作品を展示する。レコード視聴コーナーも開設予定。クリエイターたちが影響を受けてきたROCKの世界が表現される。


このなかでアンリアレイジは、ザ・ブルーハーツをテーマにした洋服の展示を行う。
2003年から2018年までにつくった洋服を、青い透明ゴミ袋の中に入れて展示。「日常通り過ぎてしまうちっぽけなことや、ゴミのように捨てられてしまう価値観こそ、自分たちの信ずるもの。ドブネズミのように美しくありたい。」
アンリアレイジデザイナーの森永邦彦が、「美しさとはこうあるべき。それを教えてくれたのはブルーハーツでした。」と敬愛するザ・ブルーハーツをテーマにした展示を、目にしてみては?

本展には他にも多くの豪華クリエーターが参加。出展者は以下の通りとなっている。

いのうえひでのり(劇団☆新感線 主宰・演出家)、江國香織(小説家)、岸田繁(くるり・作曲家)、小林武史(音楽プロデューサー)、小籔千豊(お笑いタレント)、シシド・カフカ(ミュージシャン)、篠山紀信(写真家)、鋤田正義(写真家)、SUGIZO(LUNA SEA・X JAPAN)、Char(ミュージシャン)、手塚眞(ヴィジュアリスト)、徳岡邦夫(京都吉兆 総料理長)、奈良美智(画家・彫刻家)、古田新太(俳優)、布袋寅泰(ミュージシャン・ギタリスト)、松尾レミ(GLIM SPANKY)、松任谷由実(シンガーソングライター)、ヤノべケンジ(現代美術作家)、山本里美(LIMI feuデザイナー)、行定勲(映画監督)、吉田大八(映画監督・CMディレクター)

【展覧会情報】
ROCK:POWER,SPIRIT&LOVE
会期:6月9日~7月1日(会期中無休)
会場:美術館「えき」KYOTO
時間:10:00~20:00(入館は閉館30分前まで)
料金:中学生以上690円 ※「障害者手帳」を提示の本人と同伴者1名は490円
編集部
ページトップへ