シーバイクロエの冬はコーエン兄弟の映画『ファーゴ』が舞台【2018年ウィンター】

2018.06.11
シーバイクロエ(See By Chloé)2018年ウィンターコレクションのルックが公開された。


今シーズンは、ジョエル・コーエン(Joel Coen)とイーサン・コーエン(Ethan Coen)のコーエン兄弟によるカルト的フィルム『ファーゴ(原題: FARGO)』に着想を得て、寒々としたアメリカ中西部を想起させる冬を舞台に、シーバイクロエガールのためのワードローブを提案する。

パッドの入ったブラウスや寝具を彷彿させるジャケット、カーテンレースのようなクレープデシンのドレス、バランス(上飾り)のようなラッフルパンツ。まるで、家庭で使用しなくなったものをリサイクルしたようなユニークなファブリックを用いたアイテムは、一見、長い間存在を忘れ放置したままにしていたアイテムたちを引き出し、組み合わせたかのようにも見える。

シューズには、曲線のカッティングやステッチングと後ろのレースアップが特徴的なウエスタンブーツ「ANNIKA」、ラウンドしたつま先と小さなボウが施されたヴィンテージライクなヒール「GISELE」が登場。

大ぶりな○リングのモチーフがアクセントとなったバッグ「MONROE」は、ハンディーでもショルダーでも使える2WAY仕様。シグネチャーバッグ「HANA」には新色が登場。「JOAN」バッグには、ミニサイズが初登場。どちらもモンゴリアンファーのショルダーストラップを合わせれば冬の装いに。
編集部
ページトップへ