10分間セリフなし、目で語るすれ違いの恋ドラマ【週末の短編映画】

2018.05.25
ショートフィルムを無料配信するライフスタイルウェブメディア「ブリリア ショートショートシアター オンライン(Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE)」が旬のショートフィルムを紹介する金曜日連載「週末の短編映画」。今週は、『一目ぼれ(原題:Almost)』。10分間セリフなし、目で語る映画です。



《あらすじ》
オスカーは、地下鉄に乗る。それは毎日のことだったが、今日はいつもと違った。それは一目ぼれをしたから! 彼女に気持ちを伝えたいものの、その勇気がなく・・・。

《解説》
セリフが一切ないノンダイアローグ作品。2人が度々電車で視線を合わすシーンは、お互いが気になっていることがわかるものの、どちらからも声をかけずもどかしく感じます。監督はアディダスやBMW、Audiなど有名企業のCM製作を手掛けるウベ・グライナー(Uwe Greiner)監督。「CMはバックストーリーが分かりやすいほど感動してもらえる」というのが監督の持論で、本作品もセリフがなくても分かりやすく伝わるよう工夫されています。少しずつ進む恋の展開に合わせて、ぜひ主人公たちの心情を想像しながらお楽しみいただきたい。



【作品情報】
『一目ぼれ(原題:Almost )』
監督:Uwe Greiner
制作国:ドイツ
ジャンル:ラブストーリー
制作年:2010
上映時間:10分

「Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE」にて期間限定配信中。
URL: https://sst-online.jp/
BSSTO編集室
ページトップへ