リーボック、ヴェトモンコラボモデルも話題になった「ソックラン R」を限定発売! 90年代幻のスニーカーに現代的デザインを融合

2018.05.21
リーボックReebok)は、1996年に商品化に至らなかったプロトタイプモデル「ポンプ イーヴィオー(Pump EVO)」のアウトソールを現代的なデザインに蘇らせた新モデル「ソックラン R(SOCK RUN.R)」を5月18日より限定発売する。

「ソックラン R」CM4742(2万5,000円)

リーボックのランニングカテゴリーでは、2018年秋冬シーズンより、90年代のランニングシューズに使われたリーボック独自のテクノロジーに現代的なデザインを融合させた新モデルを続々と発売。その第1弾となる「ソックラン R」(2万5,000円)が、ユニセックスモデルとして23.0cmから30.0cmサイズで展開される。

アイテムは、2017年11月、日本の代表的なミュージシャンアーティストにも絶大な人気を誇る「ヴェトモン(Vetements)」とのコラボレーションモデル中国で発売され、1日で完売となった話題のモデル。


「ソックラン R」CM4742(2万5,000円)

アウトソールに搭載された“スプリット ツーリング”は4つのパーツから構成され、中足部にスペースを持たせることによって、軽量性と履き心地に優れている。デザイン面でもサイドから見た時に印象的なフォルムになるような仕上がりとなっている。

アッパー部分は快適な履き心地のニット素材で、下のようなシルエットに仕上げた。ソック部分にはまるで工場から出荷されたサンプルのような、“Not For Resale RBK Sample(サンプルにつき転売禁止)”というファーストモデル限定の遊び心あるプリントが施されている。

「ソックラン R」CM4742(2万5,000円)

リーボックは、今後も90年代の独自のテクノロジーを活かしつつ、現代的なデザインをあしらったシューズを展開していく予定。

取り扱いは、atmos 各店、BILLY’S ENT 各店、GR8、伊勢丹新宿店、KICKSLAB.、LITTLE UNION TOKYO、mita sneakers、monkey time 各店、OPENING CEREMONY JAPAN OMOTESANDO、Styles、UNDEFEATED、Uptown Deluxeにて。
編集部
ページトップへ