「ナイキラボ ACG」の2018年サマーコレクション、初のシームレスニットを採用

開催日:2018.05.17
2018.05.14
ナイキラボ(NIKELAB)が様々なコンディションに対応するオール コンディションズ ギア(ACG)の2018サマーコレクション、NIKELAB ACG SUMMER 2018コレクションを発表した。


“最悪の事態にも対応でき、かつたんに必要だから着ているのではない、と感じさせるガーメントを作る”という趣旨で作られたオール コンディションズ ギア。今回のNIKELAB ACG SUMMER 2018コレクションの核となるのは、通常は寒い気候で用いられるゴアテックスだ。

ヨハンナ・シュナイダーは「今シーズンは、メンズとウィメンズ両方でモジュラーシステム(組み立て式)のスタイルを極めようと考えました。そのアイディアを元に、夏のアパレルに求められるのは、どのような状況に対応する要素の組み合わせなのかを話し合いました」とコメント。この話し合いから、 シュナイダーと NIKELAB ACGのコラボレーターであるエロルソン・ヒューは、コレクションの3つの柱として、ゴアテックスの実用性、フリースの通気性、人気のパンツの動きやすさ、をあげた。

ゴアテックス素材は、寒く雨の降るシーズン向けに限られるもの、という一般的な常識を踏まえた上で、これを夏に活用することを新しい視点から考え、ゴアテックスは保護するだけのものではなく、予想外の夏の天気にもしなやかで通気性のあるバリアを提供してくれることに着目。シュナイダーは「ゴアテックスは、保護性と通気性の両方に長けているという点が長所で、実際には365日使える素材です。例えばビーチハウスで1日過ごしたい人などにも最適なように、シルエットを夏らしく仕上げました」とコメント。

NIKELAB ACG ゴア テックス メンズ ジャケット(税込6万4800円)

コレクションを象徴するアイテムは「NIKELAB ACG ゴア テックス ジャケット」。ユニセックス展開の3層構造のアウターガーメントは、3/4丈の袖からさらに長さを足すことのできる取り外しの袖が付いている。複数のポケットが貴重品を保管するのに十分な収納力を発揮し、内部のキャリーストラップがレイヤーを減らした時でも、そのレイヤーを手に届く場所にキープしてすぐに着脱できるようになっている。

NIKELAB ACG ウィメンズ タンク(税込6,480円)
もう1つ、コレクションの特徴的なアイテムは、POフーディーのようなデザインに仕上げたフリース。このフリースについて、シュナイダーは「夏のフリースはどんなものになるだろうと考えました。首の周りにメッシュを使うなど、通気性を高め、フードをかぶっても頭が蒸れないようにするなど、全体のデザインを検討しました」 と語る。


新しいカーゴパンツも汎用性を考慮し、動きやすさを高める節をつけたような構造を取り入れ、ジッパーとスナップ開閉式の伸縮性カーゴポケットや、前開きの機能的なジッパーを取り入れるなどのデザインを採用。さらに注目すべき点は、今回のコレクションではメンズ・ウィメンズ共に、パンツを1スタイルしか展開していないということ。これは、シュナイダーが「夏に、長いパンツは1本あれば十分。」とこの季節に何がふさわしいかを考えた上での結論だ。そして今回新しいのは、部分的にニット素材を使い、メンズ・ウィメンズ共に似たデザインに仕上げたカーゴショーツ。NIKELAB ACGで初のシームレスのニット素材を取り入れており、これはアームスリーブやレッグスリームにも採用されている。

同コレクションは5月17日からNIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店で発売予定。実用性の高いアイテムを身につけて夏をアクティブに過ごしてみては。
編集部
ページトップへ