木工作家・西本良太が鯖江のショップ「ataW」で個展。初の試みとなる漆の新作を発表

開催日:2018.05.26-06.12
2018.05.15
木工作家・西本良太の個展「アウトライン」が、5月26日から6月12日まで、福井県越前市にあるセレクトショップ「アタウ(ataW)」にて開催される。


木工を中心に、塩ビ管や樹脂、コンクリート、紙など様々な素材を用いて制作活動を行う西本良太。これまでに、21_21 DESIGN SIGHTで行われた「単位展」(2015)、恵比寿のgallery deux poissonsで行われた「塩ビ管とアイスキャンディー」(2014)などで作品を発表してきた。木の塊から削り出して生まれた、“溶けない”アイスキャンディーをはじめ、プリンやカットりんご、ポテトチップス、だるまといった物たちは、日常で見慣れたシルエットでも彼の視点を介すことで新たな輪郭を纏う。

アイスキャンディー
福井県の鯖江市河和田は古くから越前漆器の産地として栄えている地区。本展が開催される「アタウ」は、関坂與平商店として1701年に創業した株式会社関坂漆器が運営するショップで、オリジナルグラスや漆器、木地工房「ろくろ舎」、陶器のタナカマナブなど福井県産の商品をはじめ、スイスのBIG-GAMEや寺山紀彦によるstudio noteなどのデザインプロダクト、国内外の日用品、洋服、 音楽CDなどをセレクトし販売している。

本展「アウトライン」 では、西本にとって初の試みとなる漆を使用した新作を発表。河和田地区の漆職人に協力を得て、木の塊から、ネジやグラス、見慣れたあるおもちゃといった既製品まで、素材の異なる様々な物に漆を塗った作品を制作した。日常の見慣れた物はこっくりとした漆を纏い、これまで見えていなかった物本来の輪郭を現すとともに伝統工芸の新しい魅力に気づかせてくれる。


そのほか、漆の作品以外にも機能性を備えた日用品、機能のない物まで様々な作品が展示・販売されるとのこと。また、会期中の5月27日には、作家の西本も在店予定。

ataW


【イベント情報】
西本良太「アウトライン」 
会期:5月26日〜6月12日
会場:ataW
住所:福井県越前市赤坂町3-22-1
時間:11:00〜18:00
休廊日:5月30日、31日、6月6日、7日
編集部
  • 溶けないアイス
  • 溶けないアイス
  • 溶けないアイス
  • 白いだるま
  • ポテトチップス
  • むきたてのリンゴ
  • アイスクリームスプーン
  • マグネット付きコーヒーフィルターホルダー
  • 月の形をしたペーパーナイフ
  • 月の形をしたペーパーナイフ
  • 「アタウ(ataW)」
  • 「アタウ(ataW)」
  • 「アタウ(ataW)」
  • 「アタウ(ataW)」
  • 西本良太「アウトライン」@ ataW
  • 西本良太「アウトライン」@ ataW
ページトップへ