グッチから数量限定でイグナシ・モンレアルのアートワークをモチーフにしたTシャツ&スウェット登場

2018.04.17
グッチ(GUCCI)は、2018年春夏の広告キャンペーンを手掛けたスペイン人アーティスト、イグナシ・モンレアル(Ignasi Monreal)のアートワークをフィーチャーしたリミテッドエディションライン「#GucciHallucination」を、Gucci.com限定で発表する。

リミテッドエディションライン「#GucciHallucination」
Courtesy of Gucci

スウェットシャツとTシャツ、それぞれ9タイプで構成される同ラインは、2018年春夏キャンペーンのためにモンレアルが描いた幻想的なデジタルアートワークがデザインされており、ハッシュタグ「#GucciHallucination」と共にグッチのソーシャルネットワーク上に登場。

これらのアイテムのユニークな特徴として、Tシャツは各デザイン200枚限定、またスウェットシャツは各デザイン100枚限定でリミテッドエディションナンバーが付与される。各製品は、1 of 200などナンバリングされたラベルが付けられ、アーティストの作品をフィーチャーしたスペシャルパッケージでお届けする。

リミテッドエディションライン「#GucciHallucination」
Courtesy of Gucci
2015年の#GucciGramプロジェクトで、クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレとのクリエイティブな取り組みがスタートして以来、モンレアルがデジタルで創り出すラファエロ前派やデ・キリコをコンテンポラリーに掛け合わせたような超現実主義的な世界観は、グッチの折衷主義的なビジョンとシナジーを生み出している。

モンレアルが#GucciGram第1弾で発表した占い師と気象予報士のデザインは、2018年クルーズ コレクションでTシャツのプリントとして登場した。続いて彼は、ギリシャ神話とローマ神話にインスピレーションを得て2017年のホリデーシーズンのキャンペーンとギフトカタログを手掛け、その作品の一つが、グッチ ブルーム フレグランスの発売に際しミラノとニューヨークのアートウォールにペイントされた。

直近では2018年春夏キャンペーン向けの新しいアートワークを制作し、その一環として展開されたアイロニックなビデオでは、モンレアル自身が架空のグッチギャラリーのキュレーターとして主演を務めている。

LONDON ART WALL
Courtesy of Gucci by Ronan Gallagher

イグナシ・モンレアルの作品はイギリスで初めての試みとして、現在イーストロンドンの有名なブリックレーンの近くにある壁面をカラフルなアートワークで飾っている。ヨーロッパの屋外広告を牽引するアーバン・ビジョンにより実施されたこの新しいアートウォールは、イグナシオ・スロアガ・イ・ザバレタの「ガレイ夫人の肖像」と、1812年初版のドイツのおとぎ話「ラプンツェル」に着想を得たソファーに座る女性をフィーチャーしたもの。
編集部
  • LONDON ART WALL
ページトップへ