アレクサチャンの日本初プレゼンテーションをレポート。舞台は東京タワーの麓

2018.04.11
アレクサチャン(ALEXACHUNG)は、アジアにおけるバージニア(VIRGINIA)コレクションの立ち上げを記念し、東京タワーメディアセンターアーススタジオで4月5日、プレゼンテーションを開催した。


スタジオスペースは、20世紀の著名な芸術家、詩人、哲学者、作家たちのグループ、ブルームズベリー・グループ(Bloomsbury Group)の活動の拠点であるチャールストンに触発された、印象的な構造で埋め尽くされた。セットの側面から入ると、超現実的なツイストが漂うシチュエーション。ゲストはブルームズベリー・グループのメンバーがかつて参加したであろう、楽しくシンプルな仕事に携わる無数のモデルに出会う。


巨大な花の手入れをする女性、2D塗装された池の周りで魚を捕まえるために忍耐強く待っている女性、ヴァネッサ・ベル(Vanessa Bell)のアートワークに触発された女性の巨大な胸像として、長椅子ラウンジでゆっくりとくつろぐ女性。夢と現実に織り込まれたセットの周りを360度歩くまでは、夢と現実の中で織りなすジオラマに人々は気づかず、全貌は最後に明らかとなる。パフォーマンスのタイトルとして“ALEXACHUNG VIRGINIA”と飾られた演劇のステージは、気まぐれなインテリアから森林の中へ、そして明るく塗装された光輝く月によって照らされる。


イリー・ジャンコヴィッチ(Illy Jankovich)によってデザインされ、広範囲に手塗りによってペイントされたセットは、フリルの農夫風ドレス、ヘヴィーニットジャンパー、リラックスしたデニムなどイギリスの田園地帯のクリエイターの典型的な装いに包まれる23名のモデルの遊び場となった。アーティスティックなセットの中、当時のライフスタイルを忠実に再現した、ゆったりとしたリュクスなパジャマ、豪華なペイズリーローブは、刺繍付きのスモックドレス、ラミネートフィニッシュされたレインコートとコントラストを生み出す。


ブルームズベリー・グループの本質に忠実に、モデルにはフレッシュでみずみずしい質感の肌、すがすがしい田舎の散歩を思わせる頬が表現され、髪はゆるやかな質感を残し、ロマンチックにそのままのスタイルを残した。1900年代初頭を思わせる雰囲気は、視覚だけでなく、フレッド・アステア、エラ・フィッツジェラルド、ルイ・アームストロングなど、慎重に選曲されたルー・ヘイター(Lou Hayter)のプレイリストにも影響される。

クリエイティブディレクター、アレクサ・チャン(Alexa Chung)は、「私の心の中に閉じ込められていたものが、完全な形となり現実になっているのを実際に目の前にしたときのこの気持ちは言葉では表しきれません。とても刺激的な経験でした。私たちは特別なものや魔法のようなものを作り上げ、それを目撃しました。かなりサイケデリックなものでした。それは美しく、エレガントで直接的なものでした。―まさに私がこの服を見ていただく方々に望んだ目線です」と語る。

芸術、職人技、自己表現の祭典となる本コレクションは、ブルームズベリー・グループのメンバーであった英国の画家、ダンカン・グラントとヴァネッサ・ベルの作品からインスピレーションを得て誕生。モダニストの知的なトーンを呼び起こすコレクションとなっている。
編集部
ページトップへ