アスティエ・ド・ヴィラットが提案する“本物”のオーデコロンはシトラスノートが基調のアロマティックなアイテム

2018.03.13
アスティエ・ド・ヴィラット(Astier de Villatte)の2008年に立ち上がったラグジュアリーパフュームラインより、ワンランク上の上質なギフトとして最適なオー・デ・コロンを展開。

アスティエ・ド・ヴィラット(Astier de Villatte)オーデコロン
© Sophie Delaporte

二人の著名な調香師、フランソワーズ・キャロンとクリストフ・レイノーによって生み出される同ブランドのオー・デ・コロンは、中世にドイツ・ケルンで生まれた伝統的なオーデコロン「アクア・アドミラビリス」の製法を尊重し、アルコールを低い濃度で配合、水と香料を用いて作られる“本物”のコロン。シトラスノートを基調にしつこい残り香を残さず、アロマティックな印象を演出し、朝から夜まで1日付けても飽きのこないアイテムとなっている。

ブラジルのビターオレンジピールをメインに、カラブリアのベルモット樹の葉と小枝という、香りの世界の貴重で高貴な原材料を使用した調香による「スプラッシュ・オランジュ・アメール」や、菩提樹やミモザの花に蜂蜜やミルク、軽いレモンの甘美な香りを含ませ、ラストノートにブロンドウッドとバニラがほのかに香る「グラン・シャレ」、ヨモギ、丁子、クラリセージなど野草と薬草が素晴らしい感覚をもたらす「エリクス・デュ・フレー」。
さらに、シトラスやオレンジ、エレガントなベルガモットに、グリーンなアクセントを持つレモンカクテルを加えて鋭さと優雅さを融合した「オー・フュガス」、ホワイトフラワーやイランイラン、クラッシュしたバラ、チュベローズのバランスが精緻な「オー・シック」、ヴァーベナ、ラベンダー、ローズマリー、バジルの息吹きに軽やかな花のノートをプラスし、まるで眠れる森の美女を草原で目覚めさせるような、爽快なスプラッシュが印象的な「オー・デ・コロン アスティエ・ド・ヴィラット」。

パリジャン3人のクリエーターによる反逆的で最先端なモードとデザインのブランド、コミューン・ド・パリとコラボレーションした「コローニュ・1871」は、シチリアレモンとローズマリー、ベルガモットの香りに加え、1866年に発明されたベンズアルデヒドと、1870年に発明されたクマリンといいう合成香料2種類などを配合。既成価値を覆すかのような、唯一無二の風味を醸し出す。

各オーデコロンは、吹きグラス製のボトルデザイン。50ml(1万3,200円)、150ml(2万200円)のスプレーボトルと、900ml(5万円)のスプラッシュボトルの3サイズにて展開する。

取り扱いは、伊勢丹新宿店本館1Fフレグランスコーナー、ARTS&SCIENCE 青山、ARTS&SCIENCE 京都、H.P.DECO、ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店、Antelopeにて。
編集部
  • アスティエ・ド・ヴィラット(Astier de Villatte)
ページトップへ