朝ドラ「ひよっこ」のミニチュア写真家・田中達也など、多彩なゲストと楽しむカメラ・映像の祭典開催

開催日:2018.03.02-03.03
2018.02.27
一般社団法人カメラ映像機工業会(CIPA)は、3月1日から4日まで、総合的カメラ映像ショー「シーピープラス(CP+)2018」をパシフィコ横浜および大さん橋ホールにて開催。今年注目の新企画として、主に若い女性をターゲットとし、「写真を、カメラを、自分らしく。~楽しむヒントが見つかる2日間!~​も、音楽も、ファッションも。好きなものすべてがフォトジェニック」と題した特別イベント「フォト・ウィークエンド(Photo Weekend)」を3月2日から3日にかけて実施する。

©Tatsuya Tanaka

独自の視点で切り取った写真「MINIATURE CALENDAR」がインターネット上で人気を呼び、昨年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックでも話題となったミニチュア写真家・田中達也による特別展示「MINIATURE LIFE CAFE LOUNGE」では、日常にある物で作り上げる独自のミニチュア世界を演出。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの協力による1日限定20食のオリジナルスイーツが提供される他、3日には田中氏のトークショー「MINIATURE LIFE 〜見立ての視点で楽しむ写真」が行われる。

「ビスケットサンドの布団とカップケーキの家」

また、「クレイジージャーニー」等にも出演し、世界中を飛び回り少数民族を撮り続けているフォトグラファー・ヨシダナギは、特別パネル展示「Background Story」に加え、4日にはトークショー「撮影は被写体が9割〜ヨシダ、CP+に立つ」を開催。「サンデーモーニング」などテレビでも活躍するフォトジャーナリスト・安田菜津紀による写真館企画を3日〜4日の2日間開催。

フォトグラファー・ヨシダナギ 作品イメージ


その他、3日には絶景プロデューサー・歩やモデル前田エマ、4日には写真家・沖昌之、編集者&フォトグラファー・フクモトヒロスケによる展示やトークショーも楽しめる。

絶景プロデューサー・詩歩

その他、カメラを触ったことのない人からテーマ選びに悩む人まで、様々なジャンルの撮り方を初歩から学べる講座「フォトスクール」や、写真専門の学校がプロデュースする「ワークショップ」も開催。実際にカメラを触って撮影できるほか、写真・カメラに関する相談が気軽にできるコンシェルジュも併設。

さらに、3月1日から4日まで、大さん橋ホールにてフォトカルチャーを体感・発信するアート・コミュニティスペース、フォト・ハーバー(PHOTO HARBOUR)にて、アジア最大級の写真集フェア「Photobook JP」を初開催。アジアから世界に発信する気鋭の出版社やアーティストなど約50ブースが一堂に会し、写真集の現在を体験できる場所を提供。同会場では写真家などによるトークショーや、日本最大級の参加型写真展イベントも行われる。

【イベント情報】
Photo Weekend
会期:3月2日~3日(CP+ 2018会期中)
会場:パシフィコ横浜会議センター 3F
時間:3月3日 10:00〜18:00、4日 10:00〜17:00
料金:入場料 1,500円(ウェブにて事前登録した方、障害者手帳を持参の方、小学生以下無料)
※各イベントは一部有料/事前予約イベントあり
編集部
  • 「パウンドケーキ砂漠と抹茶アイス島」
  • 「クッキーの三日月と宇宙アイス」
  • 「ビスケットサンドの布団とカップケーキの家」
  • ミニチュア写真家・見立て作家 田中達也
  • フォトグラファー・ヨシダナギ 作品イメージ
  • フォトグラファー・ヨシダナギ 作品イメージ
  • フォトグラファー・ヨシダナギ 作品イメージ
  • フォトグラファー・ヨシダナギ 作品イメージ
  • 絶景プロデューサー・詩歩
  • 絶景プロデューサー・詩歩
  • 絶景プロデューサー・詩歩
ページトップへ