日本の文化、市場を足がかりにグローバルに向かう次世代シューズブランド【伊MICAMレポート】

2018.02.20
2月11日から14日に開催されたの総合見本市「ミカムMICAM 85)」で、今回から新たに、期待の若手12ブランドを集めた「エマージングデザイナー(Emerging Designer)」ゾーンが設置された。

選考にはシューズデザイナーのエルネスト・エスポジト (Ernesto Esposito)、アートディレクターのマルコ・ブラガ(Marco Braga)やファッションエディターのアレックス・ヴァカーニ(Alex Vaccani)などがあたり、その革新性、市場性、技術性など様々な角度から各々異質なブランドを基本と言うことを軸に選出されたという。



アンダーカバー、A&Sとコラボを手掛けるアデュー

アデューとアンダーカバーのコラボレーション

アデューとアーツ&サイエンスのコラボレーション
パリをベースに活動するアデュー(ADIEU)は仏でハンドメイドのシューズメイキングを学んだベンジャミン・キャロン(Bemjamin Caron)と、アルベール・エルバスやギ・ラロッシュ、イヴ・サンローランなどで経験を積んだイザベル・ゲドン(Isabelle Guedon)が5年前にブランドをスタート。今年1月にピッティ・ウオモで発表されたアンダーカバーUNDERCOVER)の2018-19年秋冬メンズコレクションショーで、今回出品されているコラボレーションモデルが登場した。彼らは以前から日本のアーツ&サイエンス(Arts & Science)とのコラボを行っており、アンダーカバーとはソニア・パークの紹介がきっかけだったと言う。

「ベンジャミンと(高橋)盾は、音楽を始め興味のあるものや影響されたものがまったく同じ。同じ環境で育った双子みたいなの(笑)。だから作るものもすぐに理解し合えた。ピッティ・ウオモで発表されたアンダーカバーのショーには鳥肌が立つほど興奮した」とイザベルは話す。パリを拠点にしているが、現在、素材はフランスが中心ながら、生産はポルトガルで行っており、天然ゴムを使用したラバーソールのクリーパーズシューズがアイコンモデル。今シーズンはファブリックのチェック柄やラバーラップのスニーカーなど、レザー以外の素材のモデルが新たにラインアップされている。


野田達哉
  • アデュー(ADIEU)とアート&サイエンス(Arts & Science)のコラボ
  • アデュー(ADIEU)とアンダーカバー(UNDERCOVER)のコラボ
  • アデュー(ADIEU)とアンダーカバー(UNDERCOVER)のコラボ
  • アデュー(ADIEU)
  • アデュー(ADIEU)
  • アデュー(ADIEU)
  • アデュー(ADIEU)
  • イリ(iRi)
  • ソロヴィエール(SOLOVIERE)
  • ソロヴィエール(SOLOVIERE)
  • ソロヴィエール(SOLOVIERE)
  • ル・フロウ・パリ(Le Flow Paris)
  • ル・フロウ・パリ(Le Flow Paris)
  • ル・フロウ・パリ(Le Flow Paris)のリオネル・フロッキ(Lionel Le Floch)
  • マダム・コセッテ(MADAME COSETTE)
  • ゼイニューヨーク(They New York)のジャック・リン(Jack Lin)
  • ゼイニューヨーク(They New York)
  • ゼイニューヨーク(They New York)
  • ゼイニューヨーク(They New York)
  • CUTE
  • 前回のMICAMからJAPANブースに出店している着せ替えシューズ。企画が明快で商談にも活気があった
  • 経済産業省による「JAPANブース」
  • nabeを手掛ける靴職人の渡辺ヒロシ
  • 日本文化に影響を受けた流行が「MICAM 58」会場スナップから垣間見える
  • 日本文化に影響を受けた流行が「MICAM 58」会場スナップから垣間見える
ページトップへ